会社に30代後半の女性でP子という子がいる。これがまたありとあらゆる意味で非常に、まあ、えっと、エキセントリックな子で(30代後半の女性に対して「子」というのもどうかと思うが、彼女の場合仕方がないのだ)、会社の中ではヒジョーに浮いている。私なんかは同人誌即売会に行くとこのレベルの子はそれなりに見かけるから慣れているといえば慣れているのだが、普通の会社に勤めている普通の人には、かなり奇異な存在に映ると思う。

P子は、まず声と話し方だけ聞いていると気さく過ぎる保険の勧誘のおばちゃんか、田舎の話し好きのおばちゃん。顔は富永一朗の「チンコロねーちゃん」くりそつ、「チンコロねーちゃん」があまりにも昔すぎてイメージが湧かない場合はすっごく不機嫌なサザエさんを想像していただく。そして服装はリセエンヌ、言動はお姫様。

お姫様っぷりがどのくらいかというと、自分のことを「姫」と言っているあたりからも伺えるが(なんかご先祖はどこかの藩のご家老だったとかなんとか言っているらしいが、虚言癖と妄想癖があるのでかなり眉唾)、会社に仕事に来ているくせにどうやらこんな下々がやるような仕事、私のやるようなことではないわと思っているフシがあり無茶苦茶仕事を怠けきっている。たまに仕事をしてもミスが多いがもちろん人のせいにする。同じ部署の大先輩のお局様にタメ口きいた上に本人に「仕事が出来ないんですね」みたいなことを平気で言う。

また、後姿がヒジョーに若いので(なにせリセエンヌだし)後ろからは男の人に声をかけられるらしいのだが、本人は無茶苦茶もてていると思っている。先日映画のエキストラ(女子高生の群集シーンらしい)のオーディションに応募して受かったらしいが(面接がなく書類審査のみ、年齢詐称済み)、本人はすっかり女優気分。その後どうなったのかはしらないが。ま、不機嫌なサザエさんがセーラー服を着ているところを想像してみてほしい。

痛い言動が多いP子だがずば抜けているのはそのファッションセンスだ。ミニのヒダスカートにベストとハイソックス、そして前髪を一つに縛って後ろに流す髪型で結び目に大きなおりぼんつき(首から上はもちろん不機嫌なサザエさんで)。またある日は上から下までばったもんのピンクハウス、通勤鞄ももちろんピンクハウスのくま模様のリュックに髪にはおりぼんつき(首から上は当然不機嫌なサザエさんで)。

そのP子、昨日は春を意識したファッションだったらしく、同じフロアのNさんからちくりメールが来ていた。

「P子。
上下ピンクのお洋服、髪留めもピンク
赤いジャンパーにピンクのマフラー。
まるで、桜の精のようです。
(桜に大変失礼でした。すみません。)」

Nさんっ!!! 人間離れしているという意味では確かに桜の精かもしれんが、本当に桜に大変失礼ですよ!! なお、練馬のS嬢によれば「まるで林家ペーパーみたいなどピンクだった!」とのことだ。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
連日おじゃまします(笑)
P子さんネタおもしろすぎて、想像しながら(いや、自然にイメージが湧いてしまいました……)一気に読んでしまいました(笑)

たぶん、また遊びに来ちゃいます(≧∀≦)
2006/03/29(Wed) 00:06 | URL | りん | 【編集
こんにちわ。
P子ネタは、目が点になるエピソードや痛々しくて見てられないネタが山盛りあるんですが、ヘタな書き方をすると単なる悪口や陰口になるだけなので、なかなか難しいところです。
で、昨日のP子は一昨日と打って変わって地味な色合いの服だったのでどうしたのかと思っていたら、Nさんによれば見えてなかったスカートの部分に大きなフリルとラメがついたパーティドレスのような衣装だったんだとか。こうして毎日私たちを楽しませてくれています。
2006/03/29(Wed) 09:10 | URL | tsumire | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック