さて、以前子どもにあちらの組合の皆様のことを聞かれて、「体は男だけど心は女の子」 とか「体も心も昔は男の人で、今はもしかすると女の人になっているかもしれない人」 とか「体は生まれたときは男で、今はよくわからないけど、心は女王様の人」とか答えて来た訳だが(2005年6月14日「素朴な疑問」)。

今日もまた聞かれましたよ。

「この人、心は男なの?」

誰かと思ってTVを見てみたら、神取忍ですよ。うわーーー、この世で一番男らしい女子プロレスラー神取忍様。この人の場合「男」じゃなくて「漢」だよね。しかしそんなややこしい説明、子どもが理解してくれるとも思えないし。とりあえず「一応女だけど(←これは失礼なのか?そうじゃないのか?)、とっても男らしいという評判の女の人」。

余計に訳が分からなかったか。

でもなー、世の中には体が男の人でも心が女の人や、体が女の人で心も女の人でそして女の人を好きになる人とか、体も心も男でも女でもない人とか、格好だけ自分の性別じゃない方の扮装をしたがる人とか、まあ、色々いるのよ。でもそれは別に悪いことでもなんでもないのよ。そして女だからとか男のくせにといって色眼鏡で見ちゃいかんのさ。男であれ女であれその人をそのままで見るようにしなくちゃね。難しいかもしれんけどな。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
先日は名前書き忘れて失礼。でもちゃんと分ってくれたのね。
う~む。さすがKさん、お子さんを余計な偏見に染めず、きちんと対峙しとるなぁ。
 ところで私の古い友人に、身も心も至って正しく女子に見えるが、実は心は男で、でも(精神的に?)性的指向がホモなため、社会的には全く混乱が無い。・・と自分で分析しとる人がいます。
心が男っていうより私の見たとこ、発想や考え方が男って人、いっぱいいるよね?
現代では。Kさんもそうでしょ?
2006/04/17(Mon) 09:20 | URL | オハ・ラン | 【編集
>お子さんを余計な偏見に染めず

でも世間一般ではそうはいかないよねー。昨日もさ、子どもがゲームセンターでムシキングのゲームをしたがっていたから「やりたいんだったら1回分だけならお金だしてあげるよ」っていったらさー、「でも女の子はラブアンドベリーやるんだもん……」って言いやがるのさ。別にうちのガキはラブアンドベリーは好きでも何でもないのに。だから「どんなゲームも女の子のゲームとか男の子のゲームとかって決まってないの(←正確ではないが)。女の子のやる人が多いゲームや男の子のやる人が多いゲームはあるけど、でも好きならどっちをやったってかまわないんだよ。自分が本当にやりたい方をやりなよ」と言ったばかりさー。これから先、こんなこと山ほどあるよねぇ。

>心が男っていうより私の見たとこ、発想や考え方が男って人、いっぱいいるよね?

どうなのかね。男の考えとか発想、女の考えとか発想というのは本当に固定化されたものなのかどうか。従来通りの固定観念でとらえたら確かに逸脱している人は沢山いるけど、でもそれは本当に「逸脱」なのか? もしかしたら昔ながらの捉え方の方がおかしいのかもよ。
2006/04/17(Mon) 21:06 | URL | tsumire | 【編集
ふむふむ。にゃ~るほど!!
もしかしたら、心が男とか、女とか、つうより、成分分析(今、流行りの)みたいに、一人一人、
 女70%、
 男5%、
 おやじ15%、
 お婆4%、
 赤ちゃん6%
みたいなもんかもね。ちなみに上のは私の成分ではありません。



2006/04/17(Mon) 22:18 | URL | オハ・ラン | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック