さて先日の小学校の保護者会でPTAのクラスの広報委員をやる事になったが(4月15日「また、引き受けちゃった……(←ヤケクソ?)」)、昨日はそのPTAの年度初めての合同集会があったので行って来た。もちろん平日の真っ昼間なので会社を休んでですよ。

最初は全学年前クラスの各員が集まって、PTAの役員紹介やら前年度活動報告やら各種利用マニュアルやらの説明があった後、各委員ごとにそれぞれの教室に散って顔合わせと部長・副部長決めが行なわれた。1学年は2クラスあり広報部員は各クラスから1名ずつ来ているはずなので全部で12名いるはずなのに、私を含めて6名しかいない。この6名の他には前年度の部長と副部長とPTAの庶務担当の方がいて広報の仕事やPTAについて色々説明してくれた。しかし、まったくもう、こういう委員会だけはおさぼりのママかよ、と思ったら。

PTA各部委員のうち広報は比較的時間に融通が利くために、仕事をしているママ達が集中してしまい、なんと12名中11名が仕事持ちだったのだ。したがって先週の金曜日に今週の火曜日に集会があるから出ろ!といきなり言われても、そうそう簡単に仕事を休む訳にはいかずに欠席となってしまったらしい。しかもたった一人の専業主婦ママのFさんは、初めての子が小学校に上がったばかりという1年生ママで、広報の仕事どころか学校の事も全く何も分からないと言う方だった。

この6名の中から部長・副部長を選出しなくてはならないのだが、部長と副部長は毎月1回平日の真っ昼間に開催されるPTAの運営委員会に出席しなくてはならない。つまり毎月1回必ず、絶対、仕事を休まなくてはならないので、私も含めて誰もやろうとはしない(というか無理なのだ)。

それで6名がそれぞれ出来ない事情を説明して行く。フルタイムで働いていて仕事が中々休めない6年生ママのKさん、朝の9時から夜の10時まで仕事がぎっちりつまっていて休めない5年生ママのYさん、下の子の幼稚園の役員をやっていてライターをしている4年生ママのHさん、学童クラブの父母会会長を引き受けてしまってフルタイム会社員の2年生ママの私、そしてフルタイムで働いている1年生ママのK勝さんと、近所に住むお姑さんの具合があんまり良くないらしい専業主婦で1年生ママのFさんだ。今回は持ち札の手が悪過ぎですよ。

でもみんなが出来ないと言っていたら前に進まないので、とにかく運営委員会の出席重視で部長には専業主婦のFさんに決まった(決まったと言うか、Fさんには気の毒だが他に選択肢がないのだ)。でもFさんが本当に学校の事も何もかも分からない事だらけだと言う事と、人前で何か話すのがとにかく非常に苦手ということで、副部長がFさんを強力にサポートとフォローしなくてはいけない。もちろんなり手がいない(というか無理なのだ)。

しかしそれまでにポイントポイントを押さえて質問していたり実質議事進行を進めていたも同然の5年生ママのYさんが、それなら副部長は4人ぐらいで持ち回りにしてみてはどうかと提案する。はっきりいってこのYさんが部長になってくれれば何の問題もないくらい、リーダーシップと行動力が無茶苦茶ありそうなママなのだが(見た目もバリバリのキャリアウーマン風)、まあ、朝の9時から夜の10時まで仕事しているなら仕方がない。

前代未聞の副部長持ち回りの話に、PTAの庶務担当の人がPTA会長を引っ張りだして来たが、会長は表立って承認する訳にはいかないけれど黙認する事は出来ると言ってくれたので、結局副部長は持ち回りで担当する事にし、次回の広報部定例会のときは必ず全員出席して、そこで皆の都合も聞いてから副部長を決めましょうということで、最後の最後までYさんの仕切りで初の顔合わせが終了したのだ。だからこのYさんが全部やってくれれば何の問題もないんだけどなー。

ところで後で聞いた所ではこのYさん、雑誌の編集者をしているのだという。なるほど、「働きマン」だったのね。でも、ちょっと怖かったな。部長・副部長を出来ない事情をそれぞれが説明している時に私が学童の父母会の会長をやることになったのできっと無理、というと、「私も学童の父母会会長はやったけど大丈夫だから!」と断言されちゃったしな。
関連記事
テーマ:働くママの育児日記
ジャンル:育児
コメント
学校と親のかかわり方というか、PTAの存在意義や活動の仕方が曲がり角にきてると以前から思ってたんだけど、維新を起こす力も気力も無く流されていったわたし....
いっそパパママじゃなくてジジババに頼んだらいいんじゃないか?(あ、いや、それはそれで色々問題がありそう)
次回上映作品は「やけくそパート2」あのtsumireがついにこんなことまで!comming soon?
2006/04/19(Wed) 07:49 | URL | suika | 【編集
>学校と親のかかわり方というか、PTAの存在意義や活動の仕方が曲がり角にきてる

確かにねぇ。働いてなくたって昔なら考えなくてもよかったような母親のほうの親の介護まで考えなくちゃならなくなってたり、子どもの安全が脅かされるような思いもかけない犯罪が起こったりして親も大変だし、先生もこんなことでと思うようなことでいちいちクレームを入れてくる親とかゆとり教育の影響で平日の授業や毎年のイベントにしわよせが来て大変だったりするしね。

さすがに「やけくそパートN 学校維新 PTAの夜明けは近い」の上映はまだまだ先のようよ。
2006/04/19(Wed) 09:14 | URL | tsumire | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック