おいでよどうぶつの森がホラーゲームだったらすごいことに。

 おいでよどうぶつの森がホラーゲームだったら。 (にんだす)

・地面を掘ると死体が出てくる。
・首吊りに使われている木がある。
・ある特定の時間でサイレンが鳴り、屍人化した動物が襲ってくる。
・住人の部屋のタンスを調べたときのコメントが
 「バラバラ死体発見…
  見なかったことにしておこう…」
・住民が引っ越して行った跡になぜか墓ができている。
・掘り出したの化石ではなく白骨化した遺体。
・すれ違い通信で死体がながれてくる。
・住民から「ココカラ イナクナレ」という手紙がくる。
・どうぶつがヤク中になる
 「おくすりを頂けませんか、ったら」
・プレイ中に「ああ、いなごだ・・・」の文字
・「わたし・・きれい・・?」という手紙が何通も送られてくる。
・うーん…あの辺にお墓が足りないのが原因かしら…
・夜景の壁紙の窓に、飛び降り自殺者が落ちてくるのが見える。
・深夜のテレビ(白黒でジーってなる奴)に人の顔がうつる。
・ダンベルのしゃしんが不気味に笑う。
・博物館に行くと大好きな絵の中に閉じ込められる。
・博物館の地下には、引っ越したはずの動物の剥製が。

……ホラーは大嫌いなんだけど、これはちょっとプレイしてみたいかも(怖いもの見たさ)。しかしこのところ無茶苦茶忙しいのでなかなかプレイできなくて、昨日は赤カブの水遣りを忘れてしまいましたよ(にもかかわらず村の状態がサイコーになっててスズランも咲いていたのは何故?)。もちろんホラー版ではカブを引っこ抜くと「ぎゃーーーーーーっ」という悲鳴がするし、ゲーム機の電源を入れたまま放置しておくと、モニタ画面にたまに血がしたたりおちていたりする……。
関連記事
テーマ:雑記
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック