昨日の朝、ぼんやりと新聞を読んでいたら「第10回手塚治虫文化賞」の記事が。

 第10回手塚治虫文化賞 受賞作品と受賞者決定(朝日新聞)

受賞作品・受賞作家は以下の通り。

マンガ大賞 『失踪日記』(イースト・プレス)吾妻ひでお
新生賞 ひぐちアサ
「『おおきく振りかぶって』(講談社)で、野球マンガに新たな表現の可能性を示したことに対して」
短編賞 伊藤理佐
「『女いっぴき猫ふたり』(双葉社)『おいピータン!!』(講談社)『おんなの窓』(週刊文春連載)など一連の作品に対して」
特別賞 小野耕世
「長年の海外コミックの日本への紹介と評論活動に対して」

なんか「失踪日記」の受賞は納得と言う感じ。去年の大賞は「PLUTO」だったし、妥当なセレクトだと思う。「おおきく振りかぶって」は結構あちこちの本屋で目につく所に置いてあったり平積みになっているのでそれなりのコミックスなんだろうなーとは思っていたけど、実はまだ読んだ事がない。伊藤理佐は捨て身の面白さだ。あんだけ手抜きにしか見えない絵でありながらそれが味わいのあるしみじみとした描線になっていて、そして数々のすっとこどっこいなな内容で(!?)楽しませてくれる。小野耕世……うわー、20年ぶりくらいに聞いたよ、この名前。昔LaLaが創刊されたばかりの頃、この人の海外漫画紹介の文章が載っていたもんだったな。興味ないから読まなかったけど。

今回の選考委員は、荒俣宏(作家)、いしかわじゅん(マンガ家)、印口崇(マンガ専門店店長)、香山リカ(精神科医 ・帝塚山学院大学教授)、呉智英(評論家)、萩尾望都(マンガ家)、藤本由香里( 編集者・評論家)、村上知彦(評論家・神戸松蔭女子学院大学講師)と、これまた妥当なメンバーですよ(香山リカはよくわからないけど)。ちゃんと漫画作品を読んでいる人たちばかりだ、と思ったらこの賞、「選考委員として、業界の重鎮ではなく「現在の漫画をよく読む人物」が選ばれている点、選考委員の推薦・投票内容が公開される点が特徴」(Wikipedia)だそうだ。

なお、今回の1次選考結果は以下の通り。「失踪日記」圧勝だな。

 1.失踪日記(吾妻ひでお) 26点
 2.のだめカンタービレ(二ノ宮知子) 12点
 3.NANA(矢沢あい) 10点
 4.働きマン(安野モヨコ) 8点
 5.ヒストリエ(岩明均) 7点
 6.もやしもん(石川雅之) 6点
 7.イヴの眠り(吉田秋生) 5点(以下同じ)
 7.王様の仕立て屋~サルト・フィニート~(大河原遁)
 7.団地ともお(小田扉)
 7.リアル:(井上雄彦)
 7.リトル・フォレスト(五十嵐大介)

あああー、読んでないのがいっぱいあるよ。まあ、これからぼちぼち手を出してみるか。
関連記事
テーマ:雑記
ジャンル:日記
コメント
偶然!?
吾妻ひでおって昔、不条理&ロリコン描いてたあの人?懐かしいけど、あの当時のサークルの変な男子を思い出したな~。
「大きく振りかぶって」はちょうど娘がうるさくせがむので、買ってやったとこだ。伊藤理佐も春休み、新幹線用の本忘れて、東京駅の本屋で買って、へらへら笑って読んだばかり。ただ単に目についただけで、知らない漫画家だったんだけど・・・。
20年近くマンガから遠ざかってた割に、その後、ここんとこのマンガ読み復活の伏線は既に敷かれていたのね・・・。
この夏にはコミケに遊びに行くかも?(参加はありえませんが)
2006/05/11(Thu) 09:17 | URL | OHA-RAN | 【編集
>あの当時のサークルの変な男子…

えー、誰だっけ? ヨンパーとか? もう何もかも霧の彼方だよ……。

>ここんとこのマンガ読み復活の伏線は既に敷かれていたのね

望むと望まざるに関わらず、今年のあなたは漫画を読む運命にある……って、どんな運命なんだか。でもコミケにはオタク路線一直線のお嬢様をご同行してなんでしょ?
2006/05/11(Thu) 10:11 | URL | tsumire→OHA-RANさん | 【編集
NANA以外読んでない。いまだに20年前の私。
DVD借りるついでに古本みてたら萩尾望都の
「トーマの心臓」があって、おもわず買ってしまいました。巧みな構成力で漫画表現の枠組みを広げ、漫画を文学にしたのは萩尾望都だと評する向きもある彼女の作品は何十年たっても新鮮でした。吾妻ひでおはぜひ読んでみたいと思います。
2006/05/11(Thu) 12:52 | URL | いがらし | 【編集
私はNANAを読んでないよ~。読んでみようとは思っているんだけど、目先の新刊の方につい手が伸びてなかなかそっちの方までは手が回らないな。
漫画喫茶とかに行くヒマがあれば、昔の名作ももちろんだけど、もっともっと今面白い作品をどんどん読んでみたいんだけどねー。今よく読まれている作品は今この時代背景とか社会背景を反映しているからこそ面白い作品もあるだろうから。なかなかその時間がないのが残念。
2006/05/11(Thu) 15:18 | URL | tsumire→いがらしさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック