今日は小学校のPTA広報部の仕事で先生や用務の方達の写真撮影と、それとは別に学年役員会と言うやつがあるので午後は会社を休んで小学校に向かった。今回一緒に写真撮影をするのは同じ学年の隣のクラスの広報委員のTさん。でもTさんは子どもが通っていた保育園の保母さんで、子どもが年長クラスだった時には担任だったので、つい今も「T先生」と呼んでしまう。

学校の先生や用務の方達は何かと忙しいので授業や用事の合間を縫って撮影したのだが、次の撮影相手が来るまでぼけーっと待っている間にT先生と世間話をしていた。

私「今度北海道にいるうちの母親がさ、電車で帯広から熊本まで行くんだよね」(参照:4月25日「唐突の人 in 熊本」)
T先生「え? 電車で!?」
私「うん、電車で。で、一旦熊本に着いたらすぐに飛行機に乗って東京に戻って、東京で1泊してから北海道に飛行機で戻るのよ」
T先生「ねぇ、それって、熊本に行って観光とかするのがメインなの? それとも帯広から電車で熊本に行くことがメインなの?」
私「電車で行くのが目的みたいよ。熊本は先月観光したから見なくていいんだって」
T先生「あーーー……、お母さん、旅行が好きなんだね」
私「いなくなっているとどこかに行っているみたいだからそうなのかもね」
T先生「うちの母親に似てるわ~。うちもいなくなっているとどこかに行っているんだよね」
私「へぇ~」
T先生のお母様も唐突系?

T先生「ほら、S子ちゃんの担任をしていたときの2月3月って卒園を控えてすごく忙しかったじゃない? だからうちの母親にお願いだから近くにいてって頼んでいたのよ」
T先生に保育園でクラス担任をやっていただいたときはそれはそれはアクティブに活動していたのだ。みんなの写真入りのクラスだよりを毎週更新してクラスに張り出し、文章だけのクラスだよりも毎週発行し、そして連絡帳にも事細かく気づいた事をよくかいてくれていた。また、毎日子どもを連れてくる親や引き取りにくる親にも、忙しい合間を縫ってできるかぎり直接会ってちゃんと挨拶をしてくれたものだった。しかも3人の子の母。うちの子どもが「先生はテレビ何見ているの?」と聞いた時に「ごめんね~、先生テレビ見る時間ないの」と答えていたくらい毎日がハードだったのだ。

T先生「なのにうちの母親ったら旅行に出ちゃって、一人で世界1周してたのよ」
私「えーーーーーー! 世界1周!?」
T先生「まあ、ちょうど仕事を辞めたばかりだったから思い切って行ったみたいなんだけどねぇ」
私「でも世界1周はすごいね! しかも一人で!?」
T先生「父親は家でじっとしている人だからね。この間も何日か母親の姿が見えないから父親にどうしたの?って聞いたらさ」
私「どうしてたの?」
T先生「南極に行っていたんだって」
私「えーーーーーーー!!」
T先生「え? 南極って、普通に旅行で行けるもんなの!?って感じだよね」

T先生のお母様、スケールでかいよ! うちの母親なんかまだまだだなって一瞬思ったが、でもそのうちやりかねないかもしれないのが怖い所だ。
関連記事
テーマ:雑記
ジャンル:日記
コメント
tsumireさんちのお母さんでもすごいと思ってるのに、南極って!極ですよ!一番端っこ!
私が知らなかっただけで、日本にはこんなおばちゃんが実はゴロゴロしてるの?なんでそんなに元気なの?
ちなみにお母様は若い頃から活動的な方だった?生まれ持ったものなのか、しがらみがなくなって自由がそうさせるのか....
でもわたしは年取っても一人旅はしそうにないな。寂しいとか言うかわいい理由じゃなくて、面倒くさい。(あー、ひとりとかそういう問題じゃないな。旅って行為がもうだめかも)
2006/05/12(Fri) 00:02 | URL | suika | 【編集
私の近くに2人もいるくらいだもんね、もしかすると世の中にはこういう斉藤輝子みたいな(←北杜夫、斉藤茂太の母、おとなしい人だったらしいのに夫の斉藤茂吉が亡くなってから世界各地を旅行するようになり、確か80歳くらいで南極に行った)パワフルババァが結構いるのかもねぇ。
うちの母親は一旦決断したら行動は早い人だったし、多分やっぱり旅行好きなんだろうな。私なんか学生時代は日本中あちこち旅行のお供を(無理矢理)させられたもんだったわ……。結婚したら今度は相方がまたあちこち行く人だったし、そうでなくても仕事で行かざるを得なかったりしたしなー。
私もsuikaさんと同じで面倒くさいし、自分の回りの環境が変わるのがいやだから旅行は本当に嫌いなんだけど、でももう、旅行をせざるを得ない運命なのかもねー。
2006/05/12(Fri) 06:30 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック