まあ、そんなわけで帯広の実家の母が東京にやってきたので(…と書くとまるで帯広からまっすぐ東京に来たみたいだが、詳細は4月25日「唐突の人 in 熊本」参照)、先週の土曜日に母が泊まっているホテルに出向き、家族で夕飯を一緒に食べた。

私「昨日は(帯広から)朝出るおおぞら(←特急電車の名前)で出発したの?」
母「うん、おおぞらに乗って、南千歳でスーパー北斗に乗って、それから函館からなんとかっていう電車に乗って、途中また乗り換えて……」
私「なんでそんな面倒くさいことを。北斗星(上野~札幌間を結ぶ寝台特急。豪華さがウリ)に乗ればいいじゃん」
母「だって北斗星はこの間乗ったからもういいの」
私「はぁ?」
母「同じものにはもう乗らなくてもいいでしょ。本当は鈍行に乗りたかったんだけど時間がかかるからやめたのさ」
特急乗り継ぎも十分時間がかかってますよ。やっぱり鉄ちゃんなのか?

母「昨日の夜東京に着いてこのホテルに泊まって、そして今日の朝7時13分発ののぞみ(新幹線)に乗って、12時半には福岡に着いたのさ」
私「へぇー、(のぞみって)結構早いもんなんだね」
母「本当はもっと遅い時間に出る電車にしていたんだけど、東京で夕食を食べたいから早い電車に変えたのさ」
私「……東京で夕飯を食べるために、福岡からとんぼ返り……!?」
バラエティ番組で芸能人がよくやっている罰ゲームか!?
母「博多に着いたらとにかくまずはここでしか食べられないものをと思って長浜ラーメンっていうのを食べて、それからすぐに空港に向かったのさ」
私「……せっかく福岡に行ってラーメン、食べただけなの?」
母「だって九州にはこの間行ったから。博多駅から福岡空港まではすぐだったし、6時にはもう東京に着いたよ」
私「……電車にずっと座ってて疲れなかったの?」
母「でも景色を見たり本を読んだり、たまに体を動かしてほぐしたりもしてたよ」
ますます出張感が強い母の旅(2005年11月25日「唐突の人」参照)。

母「明日はせっかく東京に着たんだから東京タワーに行ってみようと思って」
私「へぇー」
東京にはもう50回くらい来ているはずだが、今更東京タワー? リリー・フランキーの本でも読んだか?
母「日曜日だけ、東京タワーの階段を上れるのさ」
私「はい!?」
母「東京タワーの外階段が600段あって、それを天気がいいと日曜日だけ登ることができるので行ってみようと思って」
私「600段の階段のぼり!! なんでまたそんなことを!」
母「だってここでしかできないことやってみたいから」
私「……もしかして苦行が好きなのか!?」
母「この間金毘羅さんに行ったときも他の人達みんな階段はのぼらないでさ、下で待っているから行っておいでって言うんだよね。せっかく来たのになんで登らないんだか」
いやー、私もあの手の段数が多いことで有名な場所の階段のぼりは真っ平ごめんだよ。
母「だからこういうところに行く時は一人でいくことにしているのさ」
私「……」
ちなみに金毘羅宮は奥の院までは1386段だが、御本宮まででも785段ですよ!

なお、T先生のお母様の唐突っぷりを話して(5月11日「杉並の「唐突の人」」)母の反応を伺ってみたところ、「外国は食べ物がまずいからもういい」とのことだった。信じていいんだか悪いんだか。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
やっぱお母様を帯広から引っ張り出すキーワードは「ここでしか食べられないもの」「そこでしか見られないもの」「そこでしか経験できないもの」つーことですかね。しかも経験回数は一回!お初を食っちゃうと途端に魅力が無くなるということでしょうか。
それにしても足腰がお丈夫で羨ましい。わたしなんかそんなに階段登っちゃった日には、膝に水が溜まって大変ですよ。(いや、まだ溜まったことはないんだけど、周囲にそういう人間が続出しているので、なんとなくそんな気がして)
もったいないねぇお母様、ブログネタ満載じゃん。
2006/05/15(Mon) 10:50 | URL | suika | 【編集
>経験回数は一回!お初を食っちゃうと途端に魅力が無くなるということでしょうか。

基本的にそうなんだろうなー。でも一旦気に入ると今度は果てしなく何度も行くんだよね。スイスは気に入ったらしく3回くらい行ってたしなー。

>もったいないねぇお母様、ブログネタ満載じゃん。

ふふふ。このお年の方はブログじゃなくて随筆なのよ。この間も新聞の投稿随筆欄に投稿して採用されたって言ってたよ。もちろん、多分非常に当たり障りのないネタで。
2006/05/15(Mon) 11:01 | URL | tsumire | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック