帯広の実家の母が来ると母が泊まるホテルに子どもと一緒に泊まりに行くのだが、今回もやはり一緒に夕飯を食った後は母が泊まっている部屋に向かった。子ども(孫)が喜ぶのでいつも結構いい部屋を予約しているのだが、今回もご立派なホテルのスイートで、子どもが広々とした部屋を見て「こんなおうちに住みたいねー」と言っていたのが泣けてくるぜ。

さてそんなご立派なお部屋のじゅうたんの床に直接旅行鞄を置いた私に対して母が文句を言う。
母「床に直接物を置くなんて、汚いじゃないの!」
私「汚いっていったって、部屋は毎日掃除しているでしょ」
母「そんな事いったって、どこをどんな風に歩いてきた人が部屋の中に入るかわからないのに」
私「どこをってったって、ここはスイートルームでしょ。そんなとんでもないところを歩いてきた人が泊まるような部屋じゃないでしょ」
母「何言ってるのさ。うんこ踏んだ靴かもしれないじゃないの!」
私「やーね、うんこ踏んだ人が毎日必ずこの部屋に泊まるわけじゃないし」
母「チリも積もれば山となるじゃないの」
私「ここは改築して間もない新しいホテルだし、しかもここは17階でしょ、ここに来るまでに踏んだうんこだって落ちてるよ」
↑この部屋にうんこ踏んだ人がかなりの頻度で宿泊していると決め付けている私達。
母「そんな事いったって床に置くなんて汚いでしょ」
私「そうかなあ。土間じゃあるまいし」

昨日の朝は昨日で、母とTVのニュースを見ていたら。
母「殺して首を切り落とすだなんて、なんでそういうことするのかねぇ」
私「首を切るの、大変だよね」
母「! あんたなんてこと言うの!」
私「だって、人間の首の骨って、そう簡単には切り落とせないでしょ?」
母「そんな事言って、あんたはこんなことしないでよ!」
私「するわけないでしょ、そんな面倒くさいこと」
母「面倒くさいって……、そんな問題じゃないでしょ」
例の首切り落とし事件の容疑者は看護師だったから血は見慣れていただろうし解剖学的に首の切り落としポイントなんかも熟知していたかも、なんて言ったらさらに呆れられるだろうからそれは言わないで置いたのだが、まあ、こんな調子で色々かみ合わない私達だ。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
私もこの事件TVで見て、ほんとはバラバラにしたかったんだろうけど、頭切り離すだけで大変であきらめたんだろうな~と思ったよ。電動のこぎりでも買ってこなきゃ無理だよね・・。
2006/05/15(Mon) 17:00 | URL | きこり | 【編集
まあ、看護士さんだから切れ味のいいナイフとかは手に入れられそうだけど、やっぱり骨の切断が大変だよね(もしかすると病院みたいなところには、骨切断用の用具とかもあったりするのかね? いけばな用の大型鋏なんかだと細い骨はいけそうだよね)私も大変だから途中で諦めたんだと思うわ~。
2006/05/15(Mon) 17:06 | URL | tsumire | 【編集
えーっとですね、床に直接物を置くということに関しては、わたしはtsumire派だと思います。(ただし性格が雑だからということであって、うんこのことは追求したくない)

で、首切り事件はお母様派と言えなくも無い。だってとっさに思うことは「切るの大変だろうなぁ」じゃなくて「首切られたら痛いよなぁ」(←もう亡くなってるけど)だもん。
それにしてもうちの同居してる姑も痛ましい事件があると必ず報告に来て(もうネットで読んだから知ってるよ!)最後に「なんでそんなことするのかねぇ」で結ぶんですけど....
もちろんわたしに犯人の精神分析を求めているわけではなく「本当だよねぇ~」と同調して欲しいんだなと読んでいるのだが、天邪鬼のわたしは「さぁねぇ」とお決まりの気の無い返事を返すだけなのだ。(でも飽きずに何べんも言いにくるけど)
それにしてもスイートルームとは羨ましい!
2006/05/15(Mon) 19:19 | URL | suika | 【編集
もっとも私も「首切るの大変だろうな」と思うのと一緒に、「首斬られたんじゃ成仏できなさそう」とも思っちゃうわけなんだけど(←一貫しとらん!)。

なお、スイートにも色々ランクがあって、さすがに一番下のやつだと思うよ。だってテレビで紹介されるような何部屋も続いているようなやつじゃさすがにないもんね。
2006/05/15(Mon) 22:18 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック