どこでどう打ったのか全く不明なのだが、現在私の左腕には結構大きな青アザ(色はかなり濃い紫がかった赤だが)ができている。毎年薄着の季節になると、うっかりもんというか粗忽なのであちこちに体をぶつけてアザだらけになってしまうのだ。

Nさん「でもさー、そんだけ大きなアザが出来ているのに、ぶつけた時に気がつかなかったの?」
私「刺し傷みたいな鋭い痛みだったらすぐに気がついて気にすると思うんだけど、ちょっとどこかに打ち付けたような怪我だと気にしないしすぐに忘れちゃうんだよ」
Nさん「えーー、そんだけ大きいと相当痛かったんじゃないの?」
私「うーん。多分ねぇ(←まるで他人事)。でも気にしてたらキリないし」
Nさん「それってボケ老人と一緒じゃないの? おばあちゃん、その傷どうしたの? あら、いつの間にやら怪我してたのかね、って感じでさ」
私「全くもっておっしゃる通りでございます。しかもさ、このアザのそばに別の新しい小さいアザも出来ているんだよね。もちろんこっちも全然記憶にないの。だから、なんかこの腕だけ見るとドメスティックバイオレンスっぽいよね」
Nさん「思わず納得しちゃうよ」
H杉「虐待といえば、この間友人の小学2年生の子どもが転んで顔から腕にかけてすごい怪我したんですよ。顔や腕にアザがのこってて、子どもを虐待していると思われるんじゃないかって、友達がやっぱり心配してましたよ」
まあ、本当に虐待している人は見えないところに暴力をふるうらしいが。

Nさん「そういえば下の子(1歳11ヶ月)が昨日、多分何かを取ってという意味で言葉をしゃべっていたんだけど、間違って覚えているらしくてさ、「取って」じゃなくて「熱い」って言うのよ。もう、しつこく「熱い」「熱い」「熱い」ってさー。外に聞こえたら虐待しているみたいに聞こえるじゃない」
私「あー、熱湯かけたりアイロン当てたりみたいな」
Nさん「もう、黙らせるのに必死だったわ」
Nさんちは古くからあるダンナの実家の横にある一軒家なので、ご近所の噂になったりしたらさぞかし大変だろう。

Nさん「そういえばKさん貧血もひどいんでしょ?」
私「血中ヘモグロビン値が結構すごいことになっているね」
Nさん「それで目まいとか、朝起きられないとかないの?」
私「全然。目まいはまったくしないし、朝はすぐにシャキッと起きられるよ。フラフラした事は一度もないね。階段のぼりはつらいけど、これは太りすぎが原因だと思うし」
Nさん「だいたい地黒だから、貧血には全く見えないしね」
私「線が細くもないしな」
Nさん「もしかして目まいとかしてても、気がつかないか忘れちゃったりしてるんじゃないの!?」

ボケ老人への道を着実に歩んでいる現在、きっぱり否定できないのが悲しいところだ。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
げっ!?ダ、大丈夫かい?
でもそういえば、君って昔から、よくあちこちにぶつかってた気がする。うちの夫もそうだけど、自分の興味ないことに無頓着な人って、物にぶつかっても 気がつかない訳じゃなく、その事への関心が続かないってとこ、あるんだよなぁ。
だからすぐ忘れて同じ失敗をくり返す。
いわゆる懲りないヤツって訳ね。あっ失礼。つい夫を思い浮かべてボロクソ言ってしもた・・・。
2006/05/22(Mon) 21:04 | URL | oha-ran | 【編集
わしも同じですわ。
腕のかなり広範囲に内出血の痕が見られるのに、いつぶつけたのか全然記憶が無い....(oha-ran さんのいう「自分の興味ないことに無頓着な人」ってところにものすごく心当たりあり!)
ぼけですか?これってボケへの確実な一歩なんですか?
まぁこれ以外にもいろいろ兆候はあるから割と平気だけどさ。
tsumireさん、やっぱ今は仮出所の身なんだね。数値に出てるのに自覚症状がないってのも、なんだかなぁ....
大事にしてね。
2006/05/22(Mon) 21:35 | URL | suika | 【編集
いやぁ、ご心配いただきましてどうもどうも(←軽い……)。貧血っつーたって、大昔の少女漫画の主人公や「赤い疑惑」の百恵ちゃんとかがよくなっていた「再生不良性貧血」とか「白血病」とかのたぐいじゃないから大丈夫。子宮筋腫のせいなので「おあがり」がくれば貧血も解決という問題だし、先月は鉄剤飲んでたらまたちゃんと数値が上がっていたのでなんとかなるというレベルです。

でもあちこちぶつけるのは、なー。元々無頓着なのに加えて、太ったから車間距離(自分の体と対象物との距離)が測れなくなっているからじゃないのかという疑惑もあり(泣)。
2006/05/23(Tue) 09:58 | URL | tsumire | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック