「ボブの絵画教室」って、そりゃ何よって話だが。

 『ボブの絵画教室』はWiiで発売、収録される絵の募集も(Nintendo Inside)

昔NHKで「ボブの絵画教室」(ジョイ・オブ・ペインティング)って番組があり、楽しくお絵描きしましょうという内容だったのだ。それがもう、上手に描こうとか人に見られてどうかとかとか全く考えずにとにかく楽しく! 気軽に! レッツ・ペインティング! 私がたまたま見ると必ず風景画だったが、ボブのひじょーーーにポップなトークで「うーん、ここがさみしいから、草むらを描いちゃおう」とか「ここに木があると楽しいだろう!」「ここにはやっぱりヨットだよね」「ほら。簡単でしょう?」ってな感じで風景画がさくさく描けちゃう。写実主義なんかかんけーねぇよ、まずは描いてみなよという絵画教室番組。

大人になると上手に描けないから絵を描かないという人はすごく沢山いると思うが、趣味なんだからヘタでもいいじゃないの、技術がどうだとかなんとか言う前に描いてて楽しいのが一番、というボブ(Bob Ross)の教えっぷりは正しいと思う。でもま、ボブのあの絵を部屋の中に飾って見たいとは思わないが。

さて、そんな「ボブの絵画教室」が任天堂の次世代ゲーム機Wiiのソフトで出るらしい。するってぇとあのスティック状というか普通のテレビのリモコン形のコントローラを絵筆に見立ててテレビ画面で絵を描くのか? ゲーム機のコントローラとしては新しい形とも言えるWiiのコントローラでは、テニスゲームならラケットのように、釣りゲームなら釣竿のように、ゴルフならクラブのように体全体を使ってコントローラを持つソフトが紹介されていたが、あれを絵筆のように使うというのは結構画期的なソフトなのかも。まあ、DSのタッチペンでお絵描きできるんだからそれがでかくなって、DSのモニタがテレビに、タッチペンがそのままWiiコントローラになっただけ、、、といえなくもないか。でも現実に油絵を描くよりももっと簡単に(油絵の具の準備や後片付けが要らないというのがまたよい)楽しく描けるというのは結構魅力的だ。
関連記事
テーマ:Wii(ウィー)総合
ジャンル:ゲーム
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック