私のように常にぼけーっとしていて正面から歩いてくる人の顔もろくすっぽ見やしねぇ、すれ違った人の顔はもちろん見てなくて覚えてもいない、警察の人に何かの証言を求められても「すみません、全然覚えて無いんですけどー」としかいえないような人間は、多分いろんな種類の霊などを見ても気がついてないんじゃないかという気がする。

でも、見えている人はもしかするとファブリーズでなんとかできるかもしれない。

 ヒライ家の食卓(「ファブリーズで除霊出来る!?」)(赤兜)

やっぱりファブリーズ程度で退散するような霊って小者だとは思うが。でも「陰陽師」なんか野村萬斎の安倍晴明がファブリーズ持って真田広之の道尊と勝負、といのも見ものだ(←時代が違います)。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
わたしも同じく、ボケーッと歩いてる上に、人の顔と名前がさっぱり覚えらんない症候群(先天性)に罹っているので、この世のものじゃないものまで、とても面倒見切れないよ。
いわゆる「鈍い」に属してるから、ぞくぞくきたことも、ビビッときたこともないなぁ。(一回だけ見たけど、あれも偶然としか思えないし。基本的には霊感ゼロ)
でも野村萬斎の安倍晴明って、随分原作とイメージ違ったよね。(まぁあの偏執的な清明も嫌いじゃないけど。とは言え、いくら曲者好きの私でも、さすがにあの真田にはついていけんかったなぁ)
2006/05/29(Mon) 11:17 | URL | suika | 【編集
>「鈍い」に属してるから、ぞくぞくきたことも、ビビッときたこともないなぁ

しかも「鈍い」だけじゃなく。もしかしたら肉体的には何か感じて(何か霊的なものを受信して?)いても、それをまた、「風邪ひいたかなー」とか「なんか静電気起こしちゃった?」とか思うような自分の思考回路も霊を遠ざけているのかもなー。除霊用ファブリーズ、いらないな(お得?)。

>いくら曲者好きの私でも

いや、あの程度の曲者ではsuikaさん的にはまだまだでしょ。もっと根っからの曲者でないと。
2006/05/29(Mon) 11:44 | URL | tsumire | 【編集
私が聞いたのは「お払いをする人が、清めの酒の代用品にした」というものでした>ファブリーズ
2009/08/11(Tue) 00:40 | URL | 行方不明 | 【編集
>清めの酒の代用品にした」というものでした

あああ、なるほど、アルコールに類するものってことですかね。
2009/08/11(Tue) 06:43 | URL | tsumire→行方不明さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック