今年も学童クラブの親子交流ミニ運動会の季節がやってきた(昨年の記事は2005年6月4日「学童クラブのミニ運動会」)。去年のハードな運動会内容からいって、役職つきでなかったら絶対参加しなかったところだが、何分にも一応父母会会長なので全く気分は乗らないが一応朝一で弁当を作って運動会に参加してみた。今朝の天気は曇り。

子どもと親を交えて100名前後の参加者が小学校の校庭に集合し、あらかじめ行事担当スタッフの方が決めた親子別々の6つのチームに別れて、まずは準備体操だが。去年は前に立って準備体操に「上海ハニー」をハイスピードで踊っていたMくんママ(聞けば私と同い年だったらしい。このトシでよくあんだけ踊るもんだなー)が、Mくんが学童を卒業したので今年はいない。かわりに1年生のTくんパパがごく普通の準備体操をしていたが、かけ声に「アキレス腱はピョンピョンはねて伸ばしたらいけませんよ、特に保護者の方!」「無理はしないで自然にやってくださいね、特に保護者の方!」と入る。後でよーーーくわかるが、このミニ運動会、子どもよりも親の方が夢中になってしまう行事なのだ。

今回の競技種目は、去年と同じおんぶレース(大人が子どもをおんぶして40mくらいの距離をリレーで走るというもの)だが、今年は子どもをおんぶする距離が半分になっていた。その後はデカパンリレー。とにかくリレー種目は自分のせいでビリになっちゃいけない、と思うものだからもう、一心不乱。そしてもちろん去年同様競技と競技の合間に休憩時間などこれっぽちもありゃしない。

次は玉入れだがチームが6つあるので、AとBの勝者とCが対戦、DとEの勝者がFと対戦、そしてABC戦の勝者とDEF戦の勝者が決勝戦を行なうという感じで、組み合わせによってはやたら対戦数がおおくなる。今回私が入っていたチームがまさにそれで、しかも1回戦では同点だったために再試合となりそこで勝ったために準決勝戦を行なってまたもや勝ち、決勝戦でも勝ったので結局4回も玉入れをしたのだ。私とあまりトシが変わらない感じの同じチームのKくんママが「玉入れなんてもう何十年かぶりなのに、いっぺんにこんなにやるともう燃え尽きるわ~」と言ってたが、ほんと、人生で一番玉入れをした日になったよ。

その後、子どもだけでせんべい食い競争。今年の運動会担当スタッフは優秀だ。去年みたいにすべての競技が親子でやるのではなく、子どもだけの競技も入れて確実に親の負担を減らしてくれている。ナイスだ。

ここで一休みした後、今度は綱引きだ。今回もまた玉入れのときと同様に組み合わせによっては対戦回数がおおくなるのだが、ここでもやっぱり勝ち進んでしまった結果、綱引きを3回もやるはめになってしまった。さらにやればやるほど親の方が必死になってしまい、しかも私とその周辺の何人かのママたちの力みっぷりがすごかったらしく、決勝戦を終わった後近くにいた別のチームのママ達に「プロの人みたいでしたね!」「すごかったですね」と感嘆される始末。もちろんKくんママが「私達、プロのママさん綱引きチームですから」と返していたが。

この後子どもだけで普通のリレー競技があり、皆で昼食タイム。そこでチームの成績発表となったが、私がいたチームは結局第3位だった。同じチームだったまりちゃんママと「一番頑張った競技で2回も1位になったのに総合で3位だなんて、なんだか納得いかない」と愚痴をこぼし合ったのはいうまでもない。

これは運動会が全部終わって、子どもと学童クラブのU先生が校庭の砂均しをしているところ。二人で何やら楽しそうに話しているので一体何を話しているのかと思ったら、昨日の「ミュージックステーション」(テレビ朝日、20時)で山下智久が「抱いてセニョリータ」を歌っている時に亀梨和也が飛び込んできたネタを、亀梨ファンの二人で語り合っていたのだった。

そして全部終わって、やれやれと思って校門から出ようとしたら、学童クラブのK先生から「綱引き、すっごく頑張ってましたねぇ。明日体が大変なんじゃないですか?」と言われてしまいましたよ。まったく、どれほどすごい形相で綱引きをやっていたのかは考えたくもない。それに今日の結果が体に出るのはどうせ月曜日以降だしな(泣)。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:育児
コメント
ぬるーくいくのがお好きなtsumireさんも、ちょっと熱くなった?
以前聞いた話で、親が運動会に参加すると、日頃の運動不足がたたって怪我をすることが多いんだって。しかも父親に多いらしい。
頭の中に中学生か高校生の頃の自分がいて思いっきりやっちゃうんだけど、悲しいかな体は老いてるから付いていけず、アキレス腱とか切っちゃうらしい。その点女は転んだら格好悪いとか雑念が頭をよぎるので、あまり無理をせず、その結果大きい怪我はしないんだとさ。
ちなみに数年前の綱引きでは私、脇の筋肉を痛め、接骨院に通う羽目になっちまいました(トホホ)
2006/06/03(Sat) 16:04 | URL | suika | 【編集
普段はゆるゆる、ぬるま湯なんだけどねー、ごくごくたまーに一旦火がつくとちょっと燃えちゃうねぇ。

>頭の中に中学生か高校生の頃の自分がいて…

私の場合小学校から一貫して運動神経が一切なかったかし、なんとか口実を作っては怠けてばかりいたから、年の事を忘れて自分を過信したりはしないんだけど、今までやらなかった分、つい力がはいっちゃうのかもなー。特に綱引きは色々な面で危ない競技だよね。
2006/06/03(Sat) 17:25 | URL | tsumire | 【編集
娘が5年生のとき、学年行事でやたのが「ドッジボール」。
まあ皆さん燃えるは燃える、大奮闘ですよ。
おかげでけが人続出。アキレス腱切った人3名。なかにはお母さんも1名おりました。
いやー自分の体を過信しちゃぁいけませんぜ。Kさんもくれぐれも気をつけるように。
そういうわたしも先週デスクワーク中「足が痛いなー」なんて思っていたら、帰宅後はもう激痛!ジュン・サンダースの骨肉種という言葉が頭の中をぐるぐると…。それでも医者はとっくにしまっているのでタイガーバームをぬりたくり翌日も出社。帰社後ようやく医者にいったら「これは肉離れですよ」ですと。
自慢じゃないけど運動不足のわたしが何故???今左足はぐるぐるの包帯でミイラ状態です。ギックリ腰、肉離れ、次が怖い私であります。
2006/06/05(Mon) 18:12 | URL | いがらし | 【編集
まあ、来年こそは大人しく観戦するよ~。小学校の運動会の方は親の出番なんかまったくないし。

>「これは肉離れですよ」

えーーーーーーーーー!? 会社でデスクワークしていてなんで肉離れになるの!? 実は会社も結構危ない場所なのか? 何はともあれお大事に
2006/06/06(Tue) 06:16 | URL | tsumire→いがらしさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック