実にどうでもいいことだが、2月に検索エンジンからここにたどり着いた皆様(200名弱)の検索ワードベストテンは以下の通りだった。

1位 46% ハチミツとクローバー アニメ (他)
2位 8.6% 森昌子 (自殺未遂) (他)
3位 5.3% 団地ナイト (団地マニア)
4位 3.2% 紙パック サイクロン どっち (他掃除機関連)
5位 2.7% PowerBook (他)
5位 2.7% メールくれましたよね?最初は迷惑メールかと(略)
5位 2.7% 安野モヨコ (庵野秀明) (他)
5位 2.7% マジレンジャー(など戦隊物、他)
9位 2.1% ガラスの仮面 (他)
9位 2.1% 岡野宏文

1位、「ハチミツとクローバー」最強。毎日必ず入っている検索ワードだ。でも見に来てくれた人、すまん。なんの情報もなくて。知っていると思うけど、公式サイトは以下のところだよ。
  ハチミツとクローバー
あの微妙な青春模様をうまく出してくれるといいね(無理だと思うけど)。

2位、森昌子さんネタ。まあ、元気になって(なったようにみえて)よかったですね。息子が3人も居ちゃあ大変だろうってところにきて(しかもそれぞれ「お受験」がからんでたりして)、倒れた実のお父さんの看病、さらに夫に浮気の噂と営業不振の噂と来て自分の更年期障害じゃあ、ストレスの度合いも計り知れないよなぁ。実のところ1ヶ月くらい入院していたかったんじゃないだろうか。だいたい一般人の死にそうにない病気の入院ライフは結構のどかで、たまにやってみるのもいいもんだと思う。ただし産科はかなりあわただしくてのどかさとは程遠いけど。

3位、住宅都市整理公団のイベント「団地ナイト」は無事終了し、どうやらまた次もある模様。団地マニアな皆様は要チェック。

4位、掃除機ネタ。皆色々迷っている。さて東芝のサイクロンを選んだ私の使用感としては、吸引力がいいのはやはりいいですが、しかしこれはサイクロンのせいなのか新しい掃除機だからなのかは不明。ただ、1回掃除機をかけるとゴミ格納が一杯になってしまうので、私よりもさらに面倒くさがりなら、ゴミ格納容量の多い日立の掃除機のほうをオススメする。それからフィルタの方も1回使うとすぐに赤ランプが付くので掃除しなくちゃならない。日立の掃除機のフィルターがどうなっているのかわからないが、ゴミ格納容量が大きくてゴミ捨てが3,4回に1回でいいんだとしても、フィルタの掃除を使うたびにやらなきゃならないなら、東芝とおんなじだよね。私は1週間に1、2回しか掃除機をかけないがやる時は結構徹底してやるので、まあ、いいかという感じ。もっと面倒くさがりならやっぱり紙パックをオススメする。あと、検索ワードで「掃除機 1週間に1回」というのもあった。楽できる掃除機を検索してたのかな。だとしたら紙パックだよ。

5位、PowerBook。でもPowerBook購入を検討するような人は、ここに来ても何の情報も得られないであろう。

同じく5位、迷惑メール。これが不思議なんだけど、検索エンジンで再検索してもここは36位とか46位とか結構下のほうに出てくるのに、なぜこんなところまで足を伸ばして来てくれているのだろう? 検索上位のサイトを見れば、見たメイルがやっぱり迷惑メイルだったとわかるし、しかもそこに返事を出すと言う実験をしてみたサイトも何個かあったから、それ見りゃ十分じゃないのかと思うのだが。よっぽど慎重な性格か、あるいは好奇心旺盛な方々が来てくださっているのだろうか。

また5位、安野モヨコ関連。とくになし。でもあの登場人物はキャラクターグッズにもなってもよさそうなキャラクタだよね。

5位、マジレンジャー。もうすでに挫折しています。今週なんか見ないで済むように、その時間にわざわざ台所で片づけまでしちゃったりするし、子どもに「マジレンジャーがね…」と話しかけられても「あ、お母さん、見てないから」と冷たい態度をとってしまう有様。でもそんな私の心強い味方は以下のサイト。
  バーチャルネットアイドルちゆ12歳
1回目・2回目のあらすじというか、感想と言うか、ツッコミが入っていて楽しめるので、子どもがマジレンジャーを見ているうちはずっと続けてほしい、と切に願う限りだ(オタク系サイトなのでごくごく真面目なお母様にはオススメしないが)。

あと、「マジレンジャー 弁当」とか「ユザワヤ 布地 マジレンジャー」というワードもあった。ユザワヤにももう既にマジレンジャーの布地は入っているけど、以下のネットショップにもございますよ、奥様。弁当は「たのしい幼稚園」とか「げんき」などの幼児向け雑誌の保護者ページを見たほうがいいかも。
  キャラクター生地のお店 ・レイピー

9位、ガラスの仮面ネタ、 岡野宏文(「百年の誤読」著者)省略。

11位には「新十郎捕物帖 快刀乱麻」というワードが。このドラマ自体も好きだったんだけど(1973年、テレビ朝日系列放映、出演:若林豪、池部良、花紀京、沖雅也他、原作はなんと坂口安吾よ)、テーマ曲がまたよかった(内田善郎「少女ひとり」作詞・佐々木勉、作曲・都倉俊一)。で、現在この曲は「ちょんまげ天国 in DEEP 大江戸サラウンド仕様」というCDにはいっているんだけど、これがサントラじゃないの。当時を思い出しながらこの曲を聞くと「ち、ち、違うっ!!」と叫んでしまうくらい曲(アレンジ?歌い方?)が違う。できればサントラで出してほしい。

あとは、「同人 妊娠6ヶ月 サークル参加」というワードも。んー、いくら安定期に入ったと言っても、また自分の体調が絶好調だったとしても、人ごみが本当にひどいし、重い荷物運びもあるし、他の人にものすごーーーく心配かけるから妊娠後期にはなるべく同人誌即売会への参加はやめたほうがいいですよ。私もカタログは買ったけどお休みしました。

それから「冬のソナタ弁当」(検索2件)、3月31日までですよ、奥様。新宿駅(もしくは東京、品川、上野、大宮駅)のO-bentoへ急げ。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック