2005030701s.jpg昨日は子どものリクエストでお手玉を作って見た。小物だし簡単そうと甘く見ていたら痛い目にあってしまった。

まず、ネットでお手玉の作り方を検索し(本当にインターネットは便利だね)、1個のお手玉に9cm×4.5cm(プラス縫い代)のハギレ4枚と、中に入れる手芸用ビーズ40gが必要というのがわかる。お手玉の中に入れるといったら小豆だろうと思っていたら、やはり一種のナマ物なので虫がわいたりカビが生えたりする可能性もないではないらしい。ユザワヤに買いに行ったらなんたらピレットというプラスチックの粒粒が、ちゃんとお手玉他用と書いてあって売っていた。布地は手持ちのハギレを7,8個分くらい裁断してみる。そして布地を互い違いになるよう縫うのだが……、最初はミシンでがーーーと縫えばいいやあと思っていたら、短くて細かい作業が多いためミシン縫いを断念。久し振りに手縫いをしたら、これがまた不器用なものだから、
チクチクチク、ぐざっ、イタッ!
チクチク、ぐさっ、イタッ! チクチク……
の繰り返し、指に針刺しまくりで痛い目に遭ってしまったのだ。おまけに縫い目がガタガタだが、まあ子どもには喜んでもらえたので、よしとしておくか。

あと、4個ぐらい作らなきゃならんけど(あと、お手玉を入れておく巾着袋も)、今回の指に縫い針刺しまくりを考えると、次回はミシンで縫ってみようかとも思う。さすがにミシン針を指に刺したことはない。

関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック