クロサギ 最終回(6月23日放映)。うーん……。最後に桂木(山崎努)が「人間は……面白い」と不敵に笑うところでその後「私の中でよからぬものが。じょじょびじょばぁーじょびじょばぁー」と言い出すんじゃないかと思ってしまいましたよ。すべては桂木の手の中で動くコマだったというのは別にいいけれど、なんか全編通して山崎努の演技に納得できないものを感じる。過剰というか、不必要にお茶目というか。

さて話のほうは父の敵・御木本(岸辺シロー)を追う黒崎(山下智久)が、回りを警察が取り囲んでいるのにもかかわらず飛び出していこうとするのを黒崎のライバル・白石(加藤浩次)が止めて、「御木本にたどり着くには春日(萩原聖人)を追うしかない。まずは詐欺師らしくきっちり春日を嵌めろ」と忠告して去ってゆく。いやぁ、加藤、最初の登場のときといい、前回の住宅詐欺の回の時といい、おいしい役どころとはいえ、「誠実な詐欺師」役が実にいいですよ(ちょっと太っているけど)。このドラマ自体、黒崎は結局御木本にはたどり着けなかったし、最後に「See You」の文字が出ていることといい続編かスペシャル版作る気満々なのだろうが、その時には是非ともまた加藤をだしてほしいものだ。

そして恋愛パートのほうは。あーーー、女どもがうざい。氷柱(堀北真希)は登場した当初から正論をふりかざしてなんだかなーな感じだったが、それよりもゆかり(市川由衣)の描かれ方は本当にどうかと思う。多分氷柱との対比でどんどん悪役化していったのだろうが、もう少女漫画の中でライバルのトウシューズに画鋲を入れるレベル(←百万年前のいじめだが)のアイタタぶりですよ。結局氷柱に黒崎をとられるくらいならいっそ、ということでゆかりが黒崎が向かう目的地を警察にチクって黒崎が警察に捕まってしまうわけだが(まあ、警察が取り囲んでいる中まっすぐ御木本のいるビルに向かう黒崎もどうかと思うが。春日に「俺は殺しはしないんだ」と言っていた以上、御木本も殺したりはしないのだろうが、では一体どうするつもりだったのか?)、桂木の手配で黒崎が釈放されたあとに、素直な表情で黒崎に「迷惑かけちゃって、ごめんなさい」(てへっ)って一体何だよ。開いた口がふさがらん。謝って済む問題じゃないぞーー。一旦警察に捕まっちゃえば指紋とか色々取られちゃって、次から警察に捕まりやすくなっちゃうってことじゃないか。「私、修行して出直してきます。諦めませんから」って、黒崎のことを本当に好きなら、お前が諦めろ!

次回(続編? スペシャル?)では恋愛パート抜きで、もっとしっかりした詐欺合戦なり復讐劇なりを描いて欲しいところだ(あれ? 思ったよりも楽しみにしていたりする?)。
関連記事
テーマ:クロサギ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
>「私、修行して出直してきます。諦めませんから」<
わたしもこのセリフを聞いたときは、「この女、殺されても文句言えんな」と思いました。悪意の無い勘違い野郎は始末に負えませんな。
うちのだんなはこのドラマ(&原作)を見て以来、「なんだか前より疑り深くなった。人が良さそうな人を見ると、詐欺師に見える」と言っておりますが、どうなんでしょ、これ。
2006/06/26(Mon) 15:16 | URL | suika | 【編集
山Pファンのわたしとしては、続きをほのめかすあの終わり方に一安心。山崎努も心臓悪くなかったのねー。山P、次もどんどん白や赤いヤツを喰ってくれ!
同僚のYさんは筋肉のついてきた最近の山Pを「デブ」っていう。失礼しちゃうわ。
TBCのCMを見るたび、わたしなんかうっとりしてるのにさー。
山Pがんばれー!!!
2006/06/26(Mon) 16:50 | URL | いがらし | 【編集
ジャニーズ系には興味なかった私も この最終回見て、山Pってなんてきれいな顔してるんだ~っと画面に釘付け。
そして何を隠そう、かって一番好きな俳優は山崎努だった私、このドラマはかなり楽しめました。さすがに爺チャンだけどね。
さらに好きだったポール・ニューマンも、もうヨレヨレ。早く次なるマイアイドルを見つけねば、みんな墓に入ってしまう。

掘北真希はともかく、このゆかりの子はどうみても女優の顔ではないよ。ブスとかそういう問題じゃなく、アップに耐えない顔してる気がするんだけど・・。どこがいけないのかよく分らんが。
2006/06/26(Mon) 17:37 | URL | oha-ran | 【編集
>悪意の無い勘違い野郎は始末に負えませんな。

まったく。それにしてもいくら鼻持ちならないキャラの氷柱を持ち上げるであろうためとはいえ、ここまで勘違い野郎にしなくてもいいんじゃないかと思うけどな。

>なんだか前より疑り深くなった。

なんかそれはそれで素直でらっしゃるような気も……(←失礼です)。でもそれはもしかして明らかに人が悪そうなくたらぎちゃんは信用できるということの裏返し?
2006/06/27(Tue) 06:34 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
ドラマを見て俳優をそういうふうに楽しめるってうらやましいだよ(←皮肉で言っているのではない)。でもなー、あちこちのドラマレビューサイトをちらほら見てみたけど、どこも圧倒的にドラマがどうとか演技がどうとかよりも山Pがかわいいとか素敵とか書いているんだよね。私は山Pはきれいな子だからこそ、俳優としては不幸なんじゃないかと思ったよ。色々こぼれ話なんか読むと本人は結構真剣に役にとりくんでいるみたいだからね。ま、まだまだ若いからこれからだと思うけど(←すっかりご隠居の意見)。
でも、何はともあれ、きっと続編はやるよね。それは結構楽しみ。
2006/06/27(Tue) 06:39 | URL | tsumire→いがらしさん | 【編集
私も山崎努は好きなんだけど、今回のこのドラマの芝居はどうかなーと思ったなぁ。お茶目さがちょっと浮いているのがなんとも。

>みんな墓に入ってしまう。

じじ専ハゲ専の私達が墓場に一歩一歩近づいているからねー。

>このゆかりの子はどうみても女優の顔ではないよ。

目元と口元が変な子だなと思ってみていたよ。マスカラつけすぎみたいな気もするし、メイク変えればもう少しなんとかなるかも。脚本と演出のせいでおかしなキャラをやっているけど、芝居自体はそんなに変じゃないと思うし。
2006/06/27(Tue) 06:50 | URL | tsumire→oha-ranさん | 【編集
でも、私てきにはツララよりゆかりの子
のほうがすきだなあ・・・。
だって・・つららって目の下黒くない?
ねてませんっ!
ってかんじの・・(/・v・\)
2006/06/27(Tue) 21:46 | URL | 山下智子 | 【編集
こんにちわ。

>私てきにはツララよりゆかりの子のほうがすきだなあ

堀北真希の顔の方はじっくり見てなかったけど、もしかするとすごく忙しいのかもねぇ。どこかのクイズ番組に2人で出ていたときはどちらもこのドラマに出ている時よりはずっと普通の顔だったけど。
2006/06/28(Wed) 00:14 | URL | tsumire→山下智子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
『さよなら黒崎』 黒崎(山下智久)は、内職詐欺の被害者・可南子(松居直美)から夫・ 水野(二反田雅澄)がフランチャイズ・チェーン詐欺に遭い、 今は刑務所に入っていることを聞く。 水野を嵌めたシロサギの名は春日(萩原聖人)。 6年前に御木本(岸部シロー)の下に
2006/06/26(Mon) 20:46:04 |  どらま・のーと