弁護士のくず 第11回(6月22日放映)。このドラマ、珍しく11回終了じゃなくて12回目の来週が最終回なのね。今回ものすごーーーーーく変な役作りをしていた杉本彩以外、ドラマ本編では特に不満は無いのだが(杉本彩が離婚したくなくて無理難題を言っているというのは九頭(豊川悦司)じゃなくてもミエミエだったと思うし、最後、無茶苦茶プライド高げに描かれていたはずの杉本彩があっさりと謝りすぎだとは思うけど。あ、後、下着をプレゼントするなら他人が手で触ったものなんか絶対NGだということを武田(伊藤英明)が全くわかっていないというのもどうかと思うが)、ドラマ本編終了後のあのラストは大不満だ。

全員でコスプレして次回最終回の展開予想って、やりすぎですから。楽屋落ちにも程がある。ドラマの中で一言二言言う程度なら面白いけど、この間のあれは悪乗りしすぎ。どうせやるなら最終回でやって今回は普通に終わればよかったのに。最終回の一番最後にやるんだったらあの程度の悪ふざけも、視聴者も結構打ち上げ気分を味わえてよかったと思うのだが、今回のアレはその必要性をまったく感じない。せっかくのドラマがぶちこわしだよ。

次回でいよいよ最終回だが、今回以上の悪ふざけはなしにしてほどよい終了を希望。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
たしかに悪ノリしていたねー。だけど先日、海猿を見てきた娘は「千崎大輔!(この字であってる?)」ってクズが口走ったら、もう「きゃーー!」の世界ですよ。ノリでいっちゃったって感じですねー。でも次回が楽しみです。
2006/06/27(Tue) 16:56 | URL | いがらし | 【編集
うーむ。若いって、素直? 好きなキャラやタレントが出ているだけで嬉しいのねー。それってもしかすると「お得」なのかもしれんなあ。

ま、次回、暖かく見守りましょう。
2006/06/28(Wed) 00:09 | URL | tsumire→いがらしさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
 さて、下着メーカーの女社長小百合(杉本彩)が専業主夫の平太(田辺誠一)を結婚詐欺で訴えたいということで、話し合いに向かったくず(豊川悦司)と武田(伊藤英明)。『女王様だ!』くず「夫は私の財産を狙って結婚して、今度は離婚して財産分与の名目で財産....
2006/06/27(Tue) 16:59:17 |  トリ猫家族