HERO特別編(7月3日放映)。2001年に放映されたフジの月9ドラマ「HERO」の特別編。前回は東京地検の物語だったが今回は山口県でのお話、でもTV情報誌には児玉清や阿部寛、松たか子の名前があったので、前回のメンバーはどういう形で出るのかと思ったがまさかあんな形で出てくるとはなー。

オープニング、久しぶりに利重剛(鴨井産業社長役)を見てちょっとびっくり。あまりTVドラマには出ない人なのだが1981年のドラマ「父母の誤算」では無表情無感動の不気味な高校生役が結構すごかった人だ。さて物語は山口県の平和な田舎の村で11年ぶりに殺人事件が起こり「殺しなんかするやつは絶対ほかの町から来たヤツだ」という警察の号令の元、札幌から赴任してきたばかりで呑気に殺人現場で釣りをしていた新しい検事・久利生公平(木村拓哉)が捕まってしまう。その後犯人として地元の大企業・鴨井産業専務の滝田(中井貴一)が捕まり、酔っ払った三ノ宮にからまれて相手が持っていたナイフで刺してしまったと自供する。しかし例によって小さなこともこつこつと調べ上げて少しずつ調べ上げる久利生に対し、周囲は滝田さんがそんなことするわけないからとか、地元の皆の反感を買うのが怖くて正当防衛で処理しろと迫る。

今度の検察チームのメンバーも癖アリの連中ばかり。久利生と組む偏屈な事務官・津軽に堤真一、地元を抜け出したいとひたすら東京に憧れている2年生検事・泉谷りり子(綾瀬はるか)、他ベンガル、鈴木浩介、塩見三省など。綾瀬はるかは去年の赤いシリーズの一部や「白夜行」の一番最初のシーンしか見てないないので今度の配役もなんだかなーと思ってみていたのだが、いやぁ、結構見直したよ、綾瀬はるか(←えらそー)。鈴木浩介は去年のフジドラマ「恋におちたら」ではライブドアをモデルにしたIT企業のブレーン役だったのに、こっちの田舎くさい役も結構はまっているし。偏屈な事務次官の津軽役の堤真一も久利生の「僕は滝田さんがいい人か悪い人かを調べているんじゃないんですよ。滝田さんが何をしたのかを調べているんです」という言葉を境に、どんどんほぐれてくるのが面白い。

しかしまあ、今回のドラマの真打はやっぱり滝田役の中井貴一だろうなぁ。最後の最後まで実は真犯人は鴨井産業の社長で、それをかばっているんじゃないのかと思っていたのだが、結局最後まで滝田がやっぱり犯人だったというのは私としてはちょっと意外だった。でも殺人の動機を語る滝田のシーンが普通だったら再現場面を織り交ぜて描かれるのだが、今回のこのシーンではそれが一切なくすべてが滝田の告白のみで描かれる。それがまた自分を抑えて生きてきた滝田の、一方ならぬ恩を受けた先代社長に報いたいという気持ち、そして愛する妻が眠る地元の海を汚された怒り(ま、タバコ捨てたぐらいで?と思わなくも無いが)などを浮き彫りにしてゆく。

でもなー、CMの入れ方がまたどうかと思う。だいたい挟み込まれるCMの数が多いのにもうんざりだったが、どれも出演者が出ているCMばかりなのは仕方ないとして、真面目で朴訥な殺人者という役柄を演じていた中井貴一のCMはDCカードですよ。真剣な表情の中井貴一が映ったと思ったら次の場面ではタヌキとカッパとふざけているシーン。どうかと思いましたよ。せめてCMを入れる間隔をもう少し長くするなりなんなりしてほしかったものだ。

事件の謎が解明できて、前回メンバーファンとしては寂しい気持ちもあるけれど、今回のこの山口地検のメンバーで新しいチームが出来上がりつつあるんだなあと思ったら。なんと東京地検で扱っている事件解明のために久利生が東京地検城西支部に戻ってくることに!? えーーーーーーっ、久利生は鍋島さん(児玉清)の最後の切り札なの!? そして東京での事件はまだまだこれからというところでドラマは終わる。えーーーーーっ、なんなのよ!? 前回シリーズのファンのためのサービスショットなのだろうがドラマ的には山口での事件を解決したところで終わったほうが収まりがいいんだけどなぁ。明らかに蛇足ですよ。そりゃ前回シリーズファンの私としては嬉しい蛇足だが、でもドラマとしては着地どころを間違えていますよ。

この調子だと続編や映画版とかがあるのかなぁ。それはそれで見たいようなみたくないような……。好きなドラマなだけにこういう中途半端な作り方はしてほしくなかったな。ところで視聴率は30.9%だったそうですよ。お見事(←アタックチャンスの児玉清調で)。
関連記事
テーマ:ドラマ感想
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
わたしも見ましたよ。HERO.
いまどきあんな町が実在するのか?なんてちゃちゃいれながら楽しく拝見しました。
「あるよ。」のおじさんもしっかり出演してたし。あの人、ミョーにインパクトあるよね。ところでこの日曜から地デジ対応TVに代えたら、あらもうキレイ!の一言。32型なんだけど、アップじゃなくても毛穴が見えます。あーやっぱりキムタクも年取るのね、なんて自分を全然省みず鑑賞してしまいました。次回作もあるとみた。期待してるぜっ!

中田の引退が途中テロップで流れたね。びっくりだよー。
2006/07/04(Tue) 16:32 | URL | いがらし | 【編集
なんか平和でのどかな村だけど、雰囲気的には犬神家の一族みたい感じもしたなー。「あるよ」の人は今回は「ないよ」も言っていたね。

>地デジ対応TVに代えたら、あらもうキレイ!の一言。

それは素晴らしい~。うちはテレビの買い換えは2011年以降になるかもなー。この間買ったDVDレコーダだと一応今普通のテレビでも地デジ見られるしね。でも薄型なのはうらやましいわ、やっぱり。
2006/07/04(Tue) 17:15 | URL | tsumire→いがらしさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
もともとのドラマの魅力以上に、ゲストの中井貴一の存在感の大きさを見せつけた今回のスペシャル。一夜限りとはいいつつも、第2弾に向けての前振りのような展開でした。
2006/07/04(Tue) 18:20:26 |  伊達でございます!
感想が、遅くなりました・・・フジテレビでは、このHEROスペシャルの放送日に合わせて、再放送をやっていました。これも、視聴率が良かったみたいですが、本番も30%乞超え。さすがという感じです。 番宣も月曜日には、木村が出ずっぱりの熱の入れようでしたね。5年前に放
2006/07/05(Wed) 14:31:35 |  ルーのTVビバ★ライフ(漫画イラスト発信中)
久利生公平は、事件が全く起きない平和な村に赴任した。 海のきれいなそののどかな村で11年ぶりに殺人事件が起こる。 久々の事件に検事仲間たちは怖気づく中、事件は意外な展開を見せる。 容疑者としてあがったのは、地元企業鴨井産業の重役で、村民の皆から 尊敬される滝田
2006/07/05(Wed) 18:50:31 |  どらま・のーと