さてこの間の土日は、その前に見つけた半間の押入れの中の「和装用品セット」の大きなダンボール箱を開けて見ることにした。なんだか開けてみる前から、中身に極彩色のカビが生えているんじゃないのか、開けてみたらツーーンとした刺激臭がするのではないかとビクビクもんだったが、いざ開けてみたらそんなことはなかった。中にはごっそり防虫剤と乾燥剤が入っていたせいか全く無傷だ。よかった……カビ生えてなくて(そういう問題か?)。とりあえずもう使うこともないが、着物や帯、帯締めや帯止めはもったいないので帯広の実家に送ることにする。その他の小物(紐や足袋、伊達締めなど)は廃棄。ちょっと肩の荷が下りる。

らさに押入れの奥には全く使わない大量のぬいぐるみや、赤ちゃんの頃に使っていたおもちゃなどがごっそり入っていたがこれも廃棄。私が昔使っていたイーゼル(画架)やカルトン(デッサン用の下敷き)やスケッチブックや学生時代に描いた油絵のキャンバスを発掘。イーゼルは燃えないゴミでいいのか? それとも粗大ゴミか?(粗大ゴミだと有料)。スケッチブックやカルトンも結構でかいので、もしかすると粗大ゴミなのか? まして油絵(30号程度だからまだそんなにおおきくはない)なんかやっぱり粗大ゴミ? これは確認してから処分することにして、押入れ戻し。一歩後退だ。

この半間の押入れには奥と手前に突っ張りラックが5本渡してあったのだが、"The部屋"に置いてある掃除機と脚立をここに入れるためには1本はずさなくてはならない。その上に置いてあった季節物用品(クリスマスツリー、風鈴、子供用プールなど)があちこちにバラバラに入っていたので一つの箱にまとめて入れて置く。掃除用品・衣類整理用品(乾燥剤や防虫剤、衣装カバーなど)・洗濯アイロンがけ用品(洗濯バサミ、アイロン用掛け布、スムーザーなど)がそれぞれ入った小物ケースの中身をチェックして要らないものを廃棄。非常持ち出し袋を取り合えず出して中身をチェックして見る。カロリーメイトの賞味期限が2003年9月だよ、だめじゃん。できれば中身の総入れ替えをしたいところだが今はそんな時間はないので後回し。整理するとなんとかラックを1本減らせたので、やっと掃除機と脚立を収納。脚立のすきまに非常持ち出し袋も収納。

ああ、私的にはかなり頑張った感があるのだが、見た目がほとんど変わったように見えないのは何故だ。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック