結婚できない男 第1回(フジ、22時、7月4日放映)。今週来週は新ドラマのお試し視聴週間(といってもそんなに見るヒマはないが)。

さて以前阿部寛なら「結婚できない男じゃなくて結婚しない男だろー」と書いたが(6月18日「7月からのTVドラマ」)、なるほど、阿部ちゃん演じる建築家・桑野信介の偏屈で嫌味で薀蓄たれで空気を読まない男っぷりは、いくらイケメンでもモテない男の要素満タンで、結婚する気があるならできないかもしれない男かも。部屋の中や冷蔵庫の中が神経質すぎるくらいにきれいだし。でも全然結婚する気なんかないみたいだし(とはいえアダルトビデオを見たいのに借りられないとか、お誕生日のことを言われても忘れていたフリをするあたり、本当に結婚する気が無いのかどうかビミョーだが)、結婚すればえらいっつーもんでもないし、結婚してても偏屈で嫌味で空気を読まない男なんていくらでもいるしな。結婚がこのドラマのゴールならそれはそれでつまらんゴールだ。これだけの偏屈な男が、今まで仕事以外の時間をほとんど100%自分のために使っていたのが、他人と一緒に過ごしてもいいと思える時間を持つのもいいかも、と思うようになるというドラマならそれなりに心動くのだが。

今回他に登場するのは桑野信介の隣人・田村みちる(国仲涼子)、妹圭子(三浦理恵子)、その夫で病院の院長・中川良雄(尾美としのり)その病院の勤務医・早坂夏美(夏川結衣)、建築事務所のそつない助手・村上英治(塚本高史)、建築プロデュース会社営業・沢崎摩耶(高島礼子)他。桑野のライバル金田(高知東生。高島礼子のダンナ!?)はレギュラーなのか?

多分のちのち阿部寛とラブストーリーが展開されることになるであろう夏川結衣がなかなかいいですよ。ソフトでそつない大人の対応っぷりもいいし(昔だったらこういう独身女性はもっとギスギスした感じに描かれたもんだったけど)、結婚に対してあせっているわけではないけど、一人でいるのもいごこちがよくって一人で漫画喫茶に行っちゃうというのもいい感じだ。しかし漫画喫茶のシングルシート(これまたこれ見よがしにシングルシートとペアシートが分かれているし)で「ブラックジャック」を読んでますよ。「ブラックジャック」を読んで医者を目指した人は多いそうなので、これは初めて読むんじゃなくて読み返しているんだろうな。次回は「医龍」とか「ブラックジャックによろしく」あたりだろうか。あるいは「スーパードクターK」とか「おたんこナース」でもいいけど(←何楽しみにしてるんだか)。

なお、同僚の練馬のS嬢には「漫画喫茶、一人で行く?」と聞かれたが、私は時間があるならいくらでも一人で行くよと答えたらちょっと驚いてましたよ。本当に行きたきゃ一人でも行くし、食べたきゃケーキ1個だけとか生ハム2枚だけ買うとかもできるけどな、私は(←ただのおばちゃんか?)。

しかし今回の圧巻は、やはり阿部ちゃんの生ケツだ。いやーびっくり。しかも背高いからストレッチャーや病院のベッドからはみだしているし。男性は直腸関係拒否が多いよな。会社で受ける人間ドックで直腸検査は無料オプションなので、私なんぞは調べられるものは全部調べちゃってくださいよとばかりに、直腸検査も受けるんだけど、男性社員はものすごーーーく抵抗ある人が多いようだ。なんだろな、負け犬気分になるのか? でもさすがに下半身丸出しのあの状態で「お誕生日おめでとうございます」はないでしょう、早坂センセ! いくらなんでもそりゃ泣いちゃうよ。

まあ、阿部ちゃんのはじけっぷりいじけっぷりを来週もちょっと見てみようかね。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
ええーっっ!あべちゃん、生けつ出してたの?ちょろちょろ見てたけど、そこは見損ねたなぁ。ここはひとつDVD様の出番だな。(そこだけってのもあれだが)
あのドラマ見てて、結婚してなかったらあんなうまそうなステーキが一人で食べられるんだなぁ。そりゃそうだよな、一枚だけ買えばいいんだもんな、などと肉に見とれておりました。
直腸検査は、どちらかと言えば「腐女子かな?」のわたしとしては妄想ポイントですな。(出川だったらテレビ局の嫌がらせかと思うけど)
わしも来週も見てみるぞい。
ちなみにわたくしも一人でランチするのになんの戸惑いも感じないけど、そのことを言ったら周囲に引かれたよ。(なんで?)
2006/07/05(Wed) 17:06 | URL | suika | 【編集
しかし一人だと自分のために何か(おいしいステーキでもなんでも)作ろうってモチベーションが全然あがらないなあ、私の場合。だから一人ならステーキでも焼き肉でも食いたいと思ったらやっぱ外に食べに行っちゃうな。

>のことを言ったら周囲に引かれたよ。(なんで?)

今は「お一人様」も結構増えて来たからそんなに驚かれるようなもんでもないはずだよねぇ。うちの母親だってあのトシで一人で富士山に行ってるし。ましてやランチやお茶なら、私も会社さぼった時に一人で行くけど、すごく多いよ。夜はさすがにすくないけどな。
2006/07/06(Thu) 06:47 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
 さて、第一回は登場人物たちの紹介って感じですかね。 桑野信介(阿部 寛)・・・建築デザイナー。個人事務所を構えている。独特の美意識とこだわりをもつどうみても偏屈な40男。仕事には完璧を求めるため、常に周囲との軋轢が耐えない。相手とはケンカにな....
2006/07/05(Wed) 17:49:31 |  トリ猫家族
『一人が好きで悪いか!!』 とあるマンションのキッチン。男の手がステーキを焼いている。 スパイスの使い方や肉のフランベ。 決して器用ではないが、ある種の美意識を感じさせる一連の動作。 男は建築家・桑野信介(阿部寛)。 おいしそうなステーキ肉に塩コショウをし、
2006/07/06(Thu) 17:43:15 |  どらま・のーと