1982年の8ミリフィルム作品「愛國戰隊 大日本」(監督:赤井孝美、脚本:岡田斗司夫、メカニック・デザイン:庵野秀明)にインスパイアされて、おフランスの皆様方が戦隊ヒーロー物を製作。

 ・フランスにも戦隊ものが!? 銃士戦隊フランス・ファイブとは(Excite Bit)
 ・好きが高じてオリジナル作品作成、フランスの同人「戦隊モノ」実写作家が送る「フランスファイブ」がNHKで報じられる(Garbagenews.com)

悪の帝王グル・マン・シュウからエッフェル塔を守る、アツい戦隊物「銃士戦隊フランス・ファイブ」、私はまだ見て無いですが、かなりレベルは高そうです。ちなみに現地での反応は

「あまり『オマージュとして作った』ということを理解してもらえてません。特撮オタクからは『日本の戦隊モノをバカにしてる』なんて声も届いたり。パロディとして制作してるととられてしまうことが多く、残念なかぎりです。もちろん、喜んでくれる声もありますが、これは少数派かもしれません」

とのこと。なお、監督の奥さん(多分日本人)はフランスピンク(というのか不明だが)の役を演じながらも、元々フランス人の女の子に合わせたヘルメットだから「頭でかい私が被ると鼻が潰れてノドが絞められて息ができない」とぼやいていますよ。ご苦労さま。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
こういうニュース見てると、おたくって世界共通なんだなぁとあらためて認識させられるわ。
「ギャラクシークエスト」見た時に、なんだ、アメリカおたくも日本とやってることは同じかと思ったもんね。
そのうちコミケもアメリカ会場で開かれるかも。
そしたらtsumireさん、例のニューヨーク観光がてら参加してね。(もちろん新刊ありで)
2006/07/06(Thu) 20:19 | URL | suika | 【編集
アメリカ版のコミケはもうあるみたいだから、それとは別に世界大会みたいなのもできるかもねぇ。まあ、今のコミケにも外国から来ている人はかなり多いから、もしかすると有明が聖地になっているかもしれんけど。
2006/07/07(Fri) 06:33 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
これ、テレビでやってたよ。日本の戦隊モノがカッコイイ!って。
出演者、スタッフ、みんな仕事を別にしながら作っているから、1本作るのに5ヶ月から1年もかかるんだって。「日本のみなさんに見ていただけるのはとても嬉しい」って流暢な日本語でしゃべっていたなー。
すげえ勉強家って思ったけど、フレンチオタクは奥さんまでもジャパネーゼを選択したわけね。納得。
2006/07/07(Fri) 16:55 | URL | いがらし | 【編集
なんか6月にNHKBSで本編を放送し、多分この間NHK総合のニュースで放送したみたいね。ちょっと見てみたかったわ~。

>すげえ勉強家って思ったけど

フランスファイブのウェブページなんかフランス語と英語と日本語のページまであるもんね。いや、ほんと勉強家というか、マニアってやっぱこうだよね。
2006/07/07(Fri) 17:02 | URL | tsumire→いがらしさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック