超久しぶりにちゃんと頭を使って勉強しなくてはならなくなったので(7月15日「30年ぶりの受験勉強」)、申請書類を取り寄せて申込要領をじっと見る。住民票とか会社からの証明書とかが必要なのだが、他にも大学の卒業証明書も必要と書いてある(学歴や実務経験他によって色々違うが)。えーーー、大学なんて卒業して20年以上たつのにーー。こういう場合、卒業した学校が廃校になっちゃった人とかどうなるんだろ。いや、私の場合は別に廃校にはなってないが。ウェブで検索すると、卒業証明書は窓口に直接取りに行く方法と郵送で取り寄せる方法があったが、何分にも受験書類提出の締め切り日が今週末で時間がないのだ。窓口直接しか方法はない。

まあ、そんな訳で昨日(夏祭りがあった日の午前中ですよ)20年以上ぶりに大学に行ってみた。総武線と手線に乗って巣鴨駅で降りる。さすがおばあちゃんの原宿、その時電車に乗っていたおばさん、おばあちゃん達がごっそり電車を降りる。巣鴨なんて毎年ポケモンスタンプラリーの時くらいしか降りないよー。改札口を出た正面の壁はスタンプラリーの時にはスタンプ押しの場所になっているが、昨日はおばあちゃん向けの渋いバッグや小物がずらっと並んでいた。巣鴨駅から都営地下鉄三田線に乗り白山駅で降りる。うわーーー、この駅に降りたのって、本当に25年くらいぶりだよ~。多分25年前よりも新しくてきれいになっているのだろうが、昔の記憶がすっかり消えている私にはよくわからない。

そういえば駅から大学への道順もまったく思い出せない。正門と裏門からそれぞれ入る道があったはずで、全く思い出せないが、でも行ってみれば思い出すんじゃないのか? と思っていたら改札を出たらすぐ目につく所に大学の案内パンフ置き場があった。1部手に取って地図を見てみるが、どうも25年前とは違うような気がする。しかし何せとにかく昔の事は覚えてないからな、違うかどうかもよくわからん。とりあえず地図通りに地下鉄出口を出て、周りを見てみるが、やっぱり思い出せない。地図通りに商店街を通り抜けるがどの店にも全く覚えがない。いくら25年前でもここまで記憶がないものか? 本当に大丈夫か? 自分。

疑問に思いつつも卒業証明書を発行してくれる教務課がある建物にたどり着く。建物が真新しい建物なのは当然だが、しかしここだったか? え? こんな場所だったっけ? 確かどちらの方向から行くにしても少し坂道があったはずなのにそれがまったくないですよ? え? どうなっているの? 私のボケはここまできてたわけ? とか思いつつとてもとてもご立派な建物の中に入る。

うわーーーーー……、夢のようにご立派ですよ……。私が入学したときは、大学の図書館にあった東京都内の大学案内みたいな本に「都内で一番建物や施設が貧弱な大学」と載っていたのに、どこを見ても真新しく立派ですよ。普通の一般人が見たら別にごくごく普通にしか思えないだろうが、あの、都内で一番おんぼろだった学校を卒業した者から見たら、信じられない光景である。私は当時美術研究部と漫画研究会に入っていたのだが、どちらの部室もあの昔の時点でですら消防法的に絶対撤去対象になるようなところだったもんだったが。何か不正蓄財でもしてたのだろうか(←失礼です)。それともバブルの頃にうまーーく波に乗って切り抜けたのだろうか。はたまた任天堂の組長みたいにポンと70億ぐらい寄付してくれるような卒業生でもいたのか? 

感心しながら卒業した社会学部の教務課の窓口で「卒業証明書の発行をお願いしたいんですが」と言うと、申請用紙の発行機で出した申請書に必要事項を記入してくださいと言われる。「先に証明書を用意しておきますので、お名前をお伺いします」と言われて名前を適当な紙に書いて渡したが、「あのー、学籍番号とかまったく思い出せないんですが」というと「検索できるから大丈夫ですよ」との答えが返ってくる。「あのー、卒業年度も正確に思い出せないんですが」というとこれまた「検索できるから大丈夫ですよ」との答えが返ってくる。まあ、コンピュータに全部入っているから当然なんだろうけど、こりゃまた便利だねぇ。昔はいちいち書類をめくっていたものだったが。

さて卒業証明書を発行してもらってから教務課のある建物を出て、校門横に掲示してある校内地図を見てみる。25年前にもあった学友会館がまだ同じ名前で残っていたので、大体の位置はつかめたが……、こりゃ学校全体を丸ごと建て直ししてますよ。しかもこの地図からいくと周辺の土地も買い取って敷地を広げたみたいだ。そりゃ、見覚えがないはずだよ、25年前はほとんど通らなかった道なんだから。建物も昔教務課があった建物は影も形もなく、緑のアーケードのようになっているようだ。大体真ん中にタワーがあったりするんだもんなぁ。そうだよ、昔は地下鉄出口を出て住宅街の真ん中の通り道を抜けて坂道を上がって裏門から入るとすぐ図書館があったのだが、多分昔通り抜けた住宅街部分が今の教務課がある建物になっているのだ。うーむ。

自分の記憶力にちびっとだけホッとして、また機会があれば大学で勉強してみたいなとか思ったものの、それは勿論現実逃避にすぎないのだ、と自分に言い聞かせて再び地下鉄に乗ったのだった。
関連記事
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
コメント
おおおっ~!!なっつかしいなぁ~。
そうそう都内一ボロいって冗談じゃなく、そうだったよねえ。たしか美術部の階段にペンペン草が生えてたのは鮮明に記憶にあるぞ!(ちなみに私は美術部じゃないからね。この記事読んでて、Kさん私の事憶えてるのか不安になってきたぜ)

しかし母校、どこにそんなお金が?
でも今年、友人の娘がここ落ちて、はるかに有名な女子大に行く事になったと電話で聞いて、ちょうどびっくりしたとこ。
「えっ?そっちの方が全然いいじゃん」と言ったけど、もしかして偏差値上がったのか!?でも少子化でどうせまた下がるでしょうけど・・。
2006/07/24(Mon) 10:38 | URL | oha-ran | 【編集
>美術部の階段にペンペン草が生えてた

美研が入っていた建物は特にひどかったからねぇ。あそこは震度4クラスの地震でも絶対やばいだろうって言われていたよな。その点私やoha-ranさんが所属していた漫研はまだマシだったけどな(←ちゃんと漫画関係のことだけはかなり覚えています)。でもあのいくつものサークルが入り乱れてのすさまじい雑居状態も消防法では絶対まずかったはずだよ。

>しかし母校、どこにそんなお金が?

やっぱそう思うでしょ? 本当になんであそこまでゴージャスにできるだろう……。不思議だ。
2006/07/24(Mon) 10:50 | URL | tsumire→oha-ranさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック