先日開催された手塚治虫文化賞(参照:5月11日「第10回手塚治虫文化賞発表」)の記念イベント「マンガ未来世紀」が9月10日(日)に有楽町朝日ホールで開催される模様。

 手塚治虫文化賞10周年記念イベント「マンガ未来世紀」(朝日新聞)

3部構成の内容は

第1部『極私的マンガ事情2006』荒俣宏×いしかわじゅん

これは今現在面白そうな漫画の話を色々聞けそうな感じだけど、多分私にはついていけなさそうでもある。

第2部『画力対決七番勝負 ~二人とも、ほんとに美大出身なんですか?』 しりあがり寿×西原理恵子

これは企画がすごいよね。今現在、"あーゆー絵"を描いている二人だけど、確かしりあがり寿は多摩美、西原は武蔵美のはず。しかも司会があのアナコンダ八巻和弘(小学館編集者、現代洋子「おごってジャンケン隊」参照)。「会場内のスクリーンに二人の即興作品が映写されます」だって。

第3部、『手塚治虫から続く道 21世紀のマンガ家たち』萩尾望都×浦沢直樹×夏目房之介

うひゃーーーーー、萩尾望都ですよ、浦沢直樹ですよ! そしてトリビアの鼻毛の夏目房之介ですよ(なんでここに鼻毛話を……)。日曜の昼間というのがかなりビミョーなのだが(子どもがなー、連れて行けば黙って大人しく聞いているわけ無いし、かといって午後一杯一人で留守番というのもどうかなぁ)、これはやはり見てみたいかも。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
昼休憩に往復はがき買ってくるの忘れた。
明日でも間に合うかしら・・
2006/07/25(Tue) 14:39 | URL | P子 | 【編集
〆切は8月10日必着、でも応募多数の場合は抽選だそうですよ。
2006/07/25(Tue) 14:55 | URL | tsumire | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック