←この写真、まるでCGのようだが現実の建物を写した写真。「Deep Inside」(西澤丞、119p、求龍堂発行、2,940円)の中の1ページ。デザイン系サイトPingMagにこの写真のカメラマンの西澤氏のインタビューと数々の写真が掲載されているが、写真によってはCGのようにも見えるし、写真によってはSF映画の中の一コマのようにも見える。また別の写真は小松崎茂の近未来イラストのようにも見える。でも実際に撮影された風景は、東京日比谷交差点直下40メートルを突き抜ける巨大地下トンネル、群馬の山中地下約500メートルに広がる地下ドーム、原子力発電所、清掃工場、それからエネルギー研究機構等。PingMagの記事を見るだけで結構面白い非日常の光景が楽しめる。

面白そうなのでついAmazonでポチってしまったが、この手の本の困るところは馬鹿でかいことだな。本の大きさがどこにも書いていないのが著しく不安だ……。
関連記事
テーマ:雑記
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック