忘備録:9月発売のコミック新刊ラインアップ

5日 ぐっちっちのち[堀内三佳]
7日 ハルコビヨリ 3[小坂俊史]
8日 ハチミツとクローバー 10[羽海野チカ]
20日 中国の骨は1本少ない[小田空] 創美社コミックス
22日 働きマン 3[安野モヨコ]モーニングKC

相変わらず雑誌の方をチェックしていないから、どの本も内容を把握し切れていない。「ぐっちっちのち」はもしかして昔出た「ぐっちすごろく」の再編集版ではないのかという気もするのだが、よくわからない。

「ハチミツとクローバー」はいよいよ最終巻(多分)。9巻目あたりでキャラが(特にはぐみ)映画のキャラ(蒼井優)寄りになってきたようにも思えたのだが、それも含めてラストは一体どうなったのか。これはどのキャラも無茶苦茶濃かったから、番外編とか出ても面白いかも。

小田空の中国本はこれは完全なコミックなのか? 「働きマン」の新刊はやっぱり10月からアニメが始まるから?

ところで今月の新刊にはこんなのも。

20日 ブスの瞳に恋してる 2[漫・画太郎]秋田書店

漫・画太郎先生のあの絵で、あの「ブスの瞳に恋してる」を!? うわぁ……少なくともそれ、ラブストーリーじゃないんじゃないのか? なお、10月30日(まだまだ先だ)には「暴れん坊本屋さん」(久世番子)の第3巻が出るらしい。でもこの3巻が最終巻って、何故? ネタ切れ?

今月のチャレンジ本:
先月、今月のチャレンジ本は「王様の仕立て屋」(大河原遁)と「団地ともお」(小田扉)と宣言したのに、まだ読んでいない……。その代わりと言ってはなんだが現在ドラマ放映中の「サプリ」(おかざき真里)の第1巻を読んでみた。なるほどーという感じ(何が?)。そこそこ面白いけど(コネタが結構面白い)、1回読めばもういいです本。さて、「団地ともお」は年末に帰省した時に妹の家で読むことにして、今月は「王様の仕立て屋」と「20世紀少年」(浦沢直樹)にチャレンジの予定。でも「20世紀少年」長いからなー。もっと短めのにしようかなぁ。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック