今朝新宿駅構内のY書店にいつものように立ち寄ってみたら「ハチミツとクローバー」最新刊(最終巻)が入荷していた。手にとってレジに行こうとしたら、行列でしたよ! Y書店はほんとーーーっに小さな書店なので行列っていったっていつもなら2、3人なのだが、今日はなんと8、9人ほど。しかもみんな手に「ハチクロ」持ってるしー。おまけにそのうち3人くらいがオヤジだったーー(←でも多分私より年下だ、きっと……)。

いや、まったく関係ない話だが。

 世界の美しい図書館(Fresh News Delivery)
 Red-Hot and Filthy Library Smut

ため息が出そうでございます。もっともここに置いてあるような本を私が読むことなど一生無いと思うが。東京駅前にある丸善本店のような新しくて明るい本棚もいいけれど、こういう趣のある落ち着いた本棚も実に美しい~。

しかし。本好きが嵩じて一応図書館司書の資格を持っていたおかげで、私が今の会社に入るときには「図書室のおねえさん」として(え?)入社したはずだったのに、いつの間にやら会社の図書室もなくなってしまい、今じゃ健康診断のおばさんになっているとは何事か?
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
せっかくきれいな画像で心が洗われる思いだったのに、その後同時にリンクしてある「ガキ使」も見ちゃったから、あっという間に汚れちゃったよ。(しかもなぜだかわたしまで忍び笑いしちゃったし)
tsumireさん、司書の資格持ってるの?すごーい!じゃあさ、じゃあさ、ハードカバーの本にきれいにビニールフィルムでコーティングできる?(あれ?これは資格とは関係ないのか?実技部門とか....)
2006/09/08(Fri) 13:50 | URL | suika | 【編集
資格取ったの、20年以上前だし~。本のカバー掛けなんて実技なんかなかったけど、もしかして今はあるのか? 
私が大学で図書館学の授業を取っていた時は情報処理基礎とか情報処理概論がカリキュラムにチラッと入っていただけだったけど(なにせパンチカードに穴を開けて読み取り機にかけて「電子計算機」を動かす、っつー時代だったからな)、今は多分半分以上コンピュータにからんだカリキュラムなんだろうなー。きっと今ならついていけないな。
でも、確か図書館のサービスについての授業はなんかあったなー。図書館学は専攻じゃないから取ってなかったけど。もしかするとその授業ではそういう実技があるのかも。
2006/09/08(Fri) 14:19 | URL | tsumire | 【編集
おおっ!そういやKさんと同じ授業、取ってた記憶あるよ!
パンチカード、懐かしい~。フォートランの授業だったっけ?私は一回で最後までプログラムが動いた試しなかったな・・。
ビニールコーティング?授業でやるわきゃないでしょ(でも図書館の仕事にはあるね)
図書館学といえばひたすらレファレンスの特訓やらされたもんだが、インターネットがこげに普及した現在、ありゃなんだったんだろう・・(遠い目)
今の町の図書館は銀行の窓口並に愛想いいよ。長期延滞者にも「お忘れのようですので、お探しになってご返却ねがいます」ってなもんよ。もち内心は「とっとと返さんかい(怒)」だけどさ。
2006/09/08(Fri) 16:26 | URL | oha-ran | 【編集
私はホラ、図書館学専攻じゃなかったから概論と基礎だけで、実際のパンチカードの穴あけとかは学校ではやらなかったけど、oha-ranさんが「パンチカードが~」とか言っていたのはよく覚えているよん。

しかし、今の図書館、図書館側のサービスは色々よくなっているんだろうけど、利用者のマナーの悪さがどんどんひどくなっていっているみたいね。うちの近所の図書館も雑誌の最新号がほとんど受付に申し込まないと見せてくれなくなっちゃったよ。盗んだり切り抜いたりするやつがいるからさー。
2006/09/09(Sat) 17:31 | URL | tsumire→oha-ranさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック