先日同僚のM様がやってきて言ったのだ(M様については8月28日「「再び「エマ」森薫」」、2005年8月15日「コミックマーケット68に行ってきました1」参照)。

M様「今、腐女子仲間から「封殺鬼」全28巻が回ってきているんですよ」
M様の腐女子ネットワークはまあ801本に限らず、元本の資料本から純粋に面白い本までさまざまな本が一杯詰ったダンボール箱が日本国内だけでなく海外も含めて行き来しているのだ。ちなみに「封殺鬼」の作者は、霜島ケイ、版元は小学館キャンパス文庫、内容は「現代に生きる“鬼”たちを描く怪奇幻想ワールド」だそうで。
私「あー、名前は聞いたことがあるんだけどねー、それってそっち系の話なの?」
M様「いえ、そんなことはありません。でも腐女子が読めばそっちの香りがむんむんですね」
私「腐女子の皆様は過剰な読み解きをするからな。で、面白いの?」
M様「結構、面白いですよ。特にヨコシマな目で読むと」
私「残念ながら私はそっちのヨコシマ・アイは持ってないからなー。読んでみたほうがいいと思う? オススメ?」
M様「Kさん(←私のことだ)はダメです。だってもう9月ですよ、9月! 12月まであともう少しじゃないですか。28巻も読んでいたら何も進みませんよ!」
私「あ……」
12月にはもちろん有明のお城で舞踏会ですよ(参照:5月30日「有明城からの召集令状」)。
私「えっとー、でもね、今朝は画材屋のToo.のサイトで原稿用紙の値段をチェックしたよ」(←会社で何をやっているんだか)
M様「はい?」
私「私、Too.の漫画用原稿用紙が一番気に入っていたのに、このところどこの画材屋に行っても売ってないのよ。それで仕方なく他のメーカーの原稿用紙を使ってみたんだけど使い勝手が悪くてさー。でも今朝チェックしてみたらちゃんとToo.のサイトで原稿用紙を扱っていたのよ。ほら、少し前進しているでしょ?」
M様「原稿用紙の在庫をチェックしただけじゃ何も進んでませんから。表紙は入稿済みなんですから、ちゃんと本文も入稿しないと!」

という訳でM様に同人誌の進捗状況をチェックされている今日この頃だ。ところで、このところここのアクセス解析のサーチワードに「マイボス 兄貴×和弥」とか「ミキオ×マキオ」とか「マイボス 弟×兄」ってえのがあるんですけどーーー。やっぱ、兄が受なんすか? 今日見たら「榊×桜小路」というのもありましたが、ここはあの腹黒さを秘めた笑顔からいって「桜小路×榊」の方がアリなんじゃないんですか?? まあ、私は腐女子じゃないんで、そういう設定にはまったく萌えないし、そういう目的があって見に来てくださった皆様にはお役に立てなくて申し訳ないが。

しかしなんだな、他のドラマだと「結婚できない男 ロケ地」とか「阿部寛 ハゲ」とか「岡田准一 ドラマのだめ」というごく普通の検索ワードが並ぶのに(え?)、「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」はタイトルのほかに「同人」とか「やおい」とか「×」が入っていることが多いよ。マイボス、ヨコシマ率高し!(マイボスの次にヨコシマ率が高いのは当然、「タイガー&ドラゴン」と「クロサギ」だが)。
関連記事
テーマ:腐女子日記
ジャンル:日記
コメント
ええーーっっ??長瀬が受なの?
そうかぁ、そうなのかぁ....
あのドラマをそういう目では見てなかったけど、大杉蓮はちょっとそういうレンズで見たこともありました。(テヘッ)
まぁ私の場合801道は初心者マークの上に、フケ専ときてるから、ちぃーとばかし人様よりツボがずれてるかもねぇ。

それにしてもM様、ナイスフォローだ!
こういう方が身近にいてくだされば、印刷やさんに放置プレイされてる表紙も、年末には無事有明でダンスを踊れることでしょう。(tsumireさん、すでに遅筆を原稿用紙のせいにしようとしてやがるし)
2006/09/19(Tue) 16:28 | URL | suika | 【編集
>ええーーっっ??長瀬が受なの?

まあ、ミキオの方が腹黒そうだし(って、攻めと受けの基準なんかこれっぽちも理解してないが)。そうか、suikaさんたら大杉漣をそんなヨコシマ・アイで見てたとわ。で、大杉漣はどっちなの?(←なんだよ、これは)。フケ専だというからにはもしやカップリングは榊家の爺やとか組長(市村正親)とか?(おいっ!)

>それにしてもM様、ナイスフォローだ

私がほとんど大抵のことを忘れているからなー(表紙が入稿済みなんて話もすっかり忘れていたよ)、同人関係のことは代わりに覚えていてくれて催促もしてくれるので非常に便利。いっそ原稿を代わりに描いてくれるともっといいかも(え?)。
2006/09/19(Tue) 16:52 | URL | tsumire | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック