子どもの夏休みの親子読書感想文が終わってほっとしていたのに、担任の先生ときたら今月もまた、親子読書感想文を出せと言ってきやがったのだ(いや、すごくいい先生なんだけどね……)。親子読書感想文というのは、親が子どもに本を読んであげて、子どもが感想と絵を描き、親はどういう点を読み取って欲しいかとか読んであげた感想などを書くという極悪な代物だ。何度も書いているが、学校を卒業して感想文を書かずに済むようになってほっとしているのに、親に感想文なんか書かせるなっつーの!!

しかし今は便利なことに、こんなサイトが。
小学生・中学生のための 著作権フリー!! 自由に使える読書感想文
【例文つき!】5分で完成!読書感想文
夏休み特別企画 よいこの読書感想文 小川洋子『博士の愛した数式』

もちろんどのサイトも「感想文を書いて無駄な時間をすごすよりももっと有意義な夏休みを過ごして欲しい」とか「まるままパクっちゃうと色々大変なんだよ」と注意事項が載っていて、これまたナイス。自由に使える読書感想文サイトさんなんか、PDF形式の感想文(PDFってところがまた素晴らしい。簡単にコピペはできないっつーことだもんね)の前に感想文を書くポイントなどが簡単に書いてあるのだ。

「さて、『羅生門』のように、読むこと自体が苦痛となる作品が課題図書になっている場合、感想文中に「おもしろくない」や「読む気がしない」などのマイナス表現の使用は避けるようにしてください。教えて系のサイトで、「思ったことを書くのが読書感想文です」や「つまらないと感じたらそれを正直に書くようにしましょう」などの回答を見かけます。しかし、これは自分が評価される立場にいない外野の人間による無責任な回答です。「おもしろくない」「つまらない」「読む気がしない」「分からない」と書いた時点で、読書感想文は負けです。読書感想文は自分の考えを主張する作文ではありません。センセイをよろこばし、高い評価を得るために書くものと理解してください。」(羅生門)

「ある程度の年齢を重ねた僕のような人間には、どうしてもあの友情劇がウソっぽく見えてかないません。「ほんまかいな?」というのが正直な感想です。そこで、ここに掲載してある読書感想文は、定番の「友情賛美」ではなく、人を信じることのすばらしさと、人にだまされる現実の間に揺れ動く心を描写してみました。ただ、『走れメロス』を課題図書に選ぶセンセイは、純粋に「友情のすばらしさ、人を信じるすばらしさ」を子どもたちに理解してほしいと思う純朴な方たちです。これを選ぶかどうかは、センセイの性格を考慮してください。」(走れメロス)

などなど。肝心の感想文のほうはたまたまなのかわざとなのか「お探しのページが見つかりませんでした。」というページが出現してしまうのだが、これらの紹介文だけでも読書感想文という名の創作として非常に楽しめていいですよ。

しかし、親子読書感想文は「親はどういう点を読み取って欲しいか」「読んであげた感想」を書かねばならないので、ストレートな読書感想文よりも性質が悪くて、しかも丸写しやパクリができないんだよなー(しみじみ)。先日行った小学校の保護者会のときにクラスの他のお母さん達が書いた夏休みの分の親子読書感想文を見ることが出来たのだが……、みんな、すごいよ。ちゃんと先生に受けるポイントを押さえてて、しかも短文ながらなかなか完成度の高い文章ばかりで感心することしきりである。あーあ、明日が提出締切日なんだよな。やだなー、もうっ(←子どもかっ!)
関連記事
コメント
やる気だったのか、丸写しやパクリ....

ほんっとに極悪の代物だね!こんないい年こいて読書感想文とはねぇ....
まぁしかし、先生サイドとしても選んだ本で自分のセンスが問われるということを自覚した上で慎重に選んでいただきたいものですな。わたしなんか「走れメロス」からの教訓は「人の借金の保証人にはなるな」に尽きると思うよ。
いっそ、課題図書なんかなくてどんな本でもいいっていうんだったら、「失楽園」の感想を簡潔にポイントを抑えて「色ボケ」って書けるのにね。(先生のうけは責任持てんよ)
2006/09/28(Thu) 18:06 | URL | suika | 【編集
コメント書こうとして、うっかり読んだsuikaさんのコメントにバカ受け!
何書こうとしたか、忘れた!(←最近このパターン多し、やばいよ)

そうそう(ホッ)、この極悪な宿題のねらいはなんなの?
親の知的レベルを見たいのか?
これ、S並区だから可能な宿題かもよ。
F市で同じ事やった日にゃ、ブーイングの嵐で大変でしょう・・・。もち、ちゃんとやってくる親は1割か!?
私はとーぜんやらんだろうなぁ。
2006/09/28(Thu) 21:47 | URL | oha-ran | 【編集
読書をしてあげた感想よりも、読書感想文そのものの方がまだましだよ、丸写しやパクリができるからな(やっぱり、やる気満々??)。
まあ、子どもの方はまだ2年生だから課題図書は別になくて好きな本選んで読んでいるけどさー、どんな感想を書いてるかと思って読んでみたら、私の子ども時代と同じでほとんどあらすじを書いてるだけだったよ……。
2006/09/29(Fri) 06:49 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>この極悪な宿題のねらいはなんなの?

なんなんだろうねぇ。「読書を通じて、この機会に親子の交流を深める」とか? 読書感想ならまだしも、読書をしてやった感想なんか「面倒くさい」「どう読もうと本人の勝手で、親の知ったこっちゃない」というような感想しかないけどな。

もっとも今回の宿題は結局、昨日は子どもの父親が早く帰って来たので押し付けちゃったけどな。
2006/09/29(Fri) 06:52 | URL | tsumire→oha-ranさん | 【編集
この読書感想文のサイト、すごくおもしろいね~!!
すばらしいわ・・・
こんなのが私の小さい頃にもあったら・・・
しかし、何で親にまで書かせるんだ?
意味わからん・・
子供だけやらせるのはかわいそうってか?
一緒に努力しましょうっていのかしら・・・
やっと宿題から開放された楽なおばさんに
なったっていうのにね~
2006/09/29(Fri) 10:02 | URL | きこり | 【編集
ほんとだよ、親になってまでなんで書かなきゃならないのよ(って、実は今回は結局私は書かなかったが)。

でも私、今でも学校の試験に遅刻する夢や何もやってなかった夢をみるんだよねぇ。もう学校卒業して何十年にもなるのにーーー。
2006/09/30(Sat) 18:46 | URL | tsumire→きこりさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック