のだめカンタービレ 第1回(10月16日放映、21時)。予告を見る限りではかなり浮いていそうだったし、このところのフジ月9の低調ぶりから行っても全く期待していなかったのだが、いやあ、思っていたよりはずっと面白かった。期待してなかったからか? 漫画や小説原作のドラマでは、「動物のお医者さん」みたいにまったくほとんどそのままの形でドラマ化しちゃうのと、「野ブタ。をプロデュース」みたいにドラマはドラマ、小説は小説で別物という感じに作っちゃうのがあるが、これはかなり原作寄りだ(もっとも原作を漫画そのままドラマ化の悪いところと、原作無視の悪いところを併せ持った「11人いる!」(NHK、1977年)というすばらしいトンデモドラマもかつてあったが)。

さて、今回特に主人公ののだめ(野田恵)役の上野樹里と千秋真一役の玉木宏が思いのほかよかった。玉木宏は「トップキャスター」の時のコメディキャラがすべりっぱなしに見えたので、今回はダメダメだろうと思っていたが、ここでは本来はシリアスキャラなのにのだめにすべてを崩されてしまうからなのか、結構はまっていてびっくりである。上野樹里も漫画のあのキャラを結構うまく実写化している感じだ。

しかし他のキャラが、何もあそこまで漫画そのままに実写化しなくても、というぐらい漫画みたいなキャラになっちゃってて、どうかと思うのだが。小出恵介なんか「おいしいプロポーズ」の面影なし。いつも変な目立ち方をしている瑛太があの中では一番自然に見えたくらいだ。特にシュトレーゼマンの竹中直人、あのキャラをやってくれる外国人タレントがいなかったの? それとも原作のぶっ飛び具合から行ってもう竹中でいいでしょうという判断なの? あの調子だとなんだか最後にはシュトレーゼマンは実は日本人でした~~というオチになりそうですよ。軽部アナを出すくらいなら、いっそめざましテレビ(フジ)のハリウッド特集の時に出てくる日本語が達者な金髪の外人さん(名前は知らないけど)、あの人をシュトレーゼマンにしちゃったらよかったんじゃねーのと思いましたよ。原作のシュトレーゼマンに顔も似ているし。

肝心の音楽シーンの方は、私は音楽趣味の人間じゃないからさっぱりわからないけど結構自然に聞けてよかったと思う。ただしSoftbankの予想外のテーマ(←いくらなんでもこんな曲名じゃなかろうが)はもう、本当に予想外のテーマにしか聞こえないよなー。

思っていたよりは楽しめたけど、これからも期待せずに見るのが大事かも。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
これね、割と見る気満々で録画してあるんだけど、今のところ例によってつまみ見。
竹中直人のキャラって本当に漫画に出てくるのか。てっきりテレビ用にオーバーにつくられたキャラかと。だってあれ、どう見ても映画版ルパンに出てたマモーじゃん。
このドラマが評判良かったら本が高くなっちゃうかなぁ(おもしろかったらブックオフで買おうと思ってたんだけど)
ちなみに予想外のテーマは「ロミオとジュリエット」ではないかと息子が言ってたけど、語尾が消えそうだったから、信頼度は不明。
それじゃあ期待しないで見てみるかね。
2006/10/17(Tue) 07:35 | URL | suika | 【編集
>てっきりテレビ用にオーバーにつくられたキャラかと。

原作も変なキャラなんだけど、TV版はさらに拍車がかかっているのも確かかも。やりすぎ感が満ち溢れています。
ルパンのマモーかぁ。懐かしいねぇ。確かにマモーを実写化するとアレになっちゃうよね。しかし普通のドラマにマモーは出てこないっつーの。
2006/10/17(Tue) 08:41 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
前期の「マイボス・」や「結婚できない」にあまりにハマってたせいか、今期ドラマに全く食指が動かなかったのだが、これはおもろかったョ。
上野樹里って特徴のない顔してるせいか、何演じても違和感ないよね~。それに対し竹中直人は何やっても竹中直人にしか
見えんワ。これって役者として、いいのか?悪いのか?
ところで、髪の毛を3日洗わなくてあの仕打ちが理解できん!
我が家では頭なんて1週間に1回洗えばよい!と親から言われて育ったんですが・・。
2006/10/17(Tue) 12:02 | URL | oha-ran | 【編集
竹中直人はねぇ……なかなか味わい深い役者さんだと思うんだけどねぇ、今回の役はいくらなんでも極端すぎでしょー。いっそのことここだけ原作を変えて「シュトレーゼマン」じゃなくて日本人だけど海外生活が長かった変人の音楽家という設定にでもした方がずっとよかったんじゃないかと思うんだけどねぇ。なんかいくらなんでもあのキャラは(私は原作への思い入れはまったくないけど、でも)「漫画をなめてんのか?」と思わないでもないな。
2006/10/17(Tue) 22:37 | URL | tsumire→oha-ranさん | 【編集
ヴィエラの役をチェコ・フィルハーモニーの指揮者(本物!)のマカルがやっていたのに驚き!でも彼、ドイツ語話せたはず。わざわざ会話を英語にしたのはなぜ?

それに比べると、軽部アナはいらんなー。
曲も第9の冒頭で、荘厳な雰囲気に水差しまくり。
めざましTVのにやけ?顔がオーバーラップする。
人気アナを出すのは、フジの悪い癖だな。
ギャラをケチっているとしか思えん。

ところで、ソフトバンク・予想外の音楽は、プロコフィエフ(ソ連の作曲家)のバレー「ロミオとジュリエット」より「モンタギュー家とキュピレット家」です。
ちなみにバレーでは、この曲の後、両家入り乱れての乱闘になります。
2006/10/26(Thu) 19:51 | URL | GEN | 【編集
こんにちわ、コメントありがとうございます。
音楽趣味の方から見て、のだめの音楽はいかがなもんなんでしょうか。家人などはのだめの吹き替え役の人がかなりうまいと感心してましたが、私はさっぱりわからんですわ~。なんかこういう風にたまに本物のヒトが混じってたりするのをみつけるのも楽しみかもしれませんね(って、もしかして第1回目だけのサービスか?)。視聴率も評判もいいみたいだから、フジは今後もっと悪のりしてくる可能性が高いし。
2006/10/26(Thu) 22:00 | URL | tsumire→GENさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
原作の世界観やそれぞれのエピソードとセリフが、ほぼ忠実にドラマ化されていたと思います。ドラマ化されたものを見ているというよりも、実写版を見ているようでした。
2006/10/17(Tue) 07:53:17 |  伊達でございます!
 さて、第一回目は千秋様(玉木宏)がのだめ(上野樹里)と出会ってその才能に気づくまででしたね~ 原作が完璧ですから、見てる方もつい漫画の場面をなぞって見てしまいます。ドラマの中につなぎ目があったとしても、無意識のうちにふさいで自動的に進行させてし....
2006/10/17(Tue) 17:22:39 |  トリ猫家族