魂萌え! 第1回(10月21日放映、NHK、21時)。裏はあの、飛ぶ取り落とす勢いのアイドルが主演の40年前の少女漫画みたいなストーリー(身分違いの恋、道端でぶつかってはじまる出会い、病気がちの弟、何か病気を抱えている雰囲気を漂わせている少女、しかもなんかドジっ子の雰囲気も漂わせていたり、その他諸々)の「たった一つの恋」だというのに、そして世の中のほとんどの人がそっちの方を見ているであろうに、なぜかこっちを見てしまった私。でも……予想外に面白かった。桐野夏生の原作の方は出た時に見よう見ようと思っててまだ読んでいなかったのだが、主演の高畑淳子の渋い演技には脱帽だよーー。

高畑淳子といえば失礼ながらバラエティ番組でのはっちゃけ振りと、たまたま1回だけ見てしまった「白い巨塔」の東教授(石坂浩二)の妻役のざーます奥様しか見た事がなくて、舞台出身の方とは聞いていたけど、大して期待はしてなかったのだが。物事を丸くおさめるために自分の意見をはっきりと主張したりせずに何十年も「いい奥さん」を演じて来た女性が、信じていたものに裏切られ愛するものにないがしろにされてゆくにつれて、感情を爆発させ、しかしふと我に帰って理性を取り戻したりという揺れ動く50代の女性を渋く演じていてよかった。

夫が自宅で突然倒れてポックリ死んでしまった後に現れる10年来の愛人。アメリカに行ったっきり消息不明だった息子が戻って来たと思ったら遺産と家と敏子(高畑淳子)の年金目てでお愛想三昧。娘も遺産の分け前を巡っ息子とケンカをし始める始末で、最初は息子達の言いなりになるかのように見えた敏子も、最後には荷物をまとめて家を出て行く所で気分がすっとしたよ。私も昔は暗い話や問題作のドラマを見たもんだったが、最近はどうも軽くて明るいドラマばかり見がちで今回も見るかどうか迷っていたのだが、一旦見てしまったら目が離せなくなってしまいましたよ。いやー、久しぶりにNHK土曜ドラマを満喫いたしました(今年は春に放映されていた「マチベン」もよかったけどね)。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
「白い巨塔」の奥様、良かったよねぇ~。わたしにはあの出演者の中で伊武雅刀と同じく光って見えましたよ。
娘が見てた「14才の母」(13才の娘を持つ身には大変心臓に悪いドラマ)で女医さんの役で出てたけど、こちらは物分りの良い役でございました。
「ふぞろいの林檎たち」を見てた時も、中井貴一のお母さん役の佐々木すみ江に目が行っちゃって、ファンになっちまったもん。
男女共にフケ専だったんだなぁと、今更ながら自覚しました。
2006/10/23(Mon) 08:26 | URL | suika | 【編集
高畑淳子、昔戦隊もので悪の女王やってたはず(あの黒田福美もね)。
始め原作とキャストイメージ違うなぁと思って見たけど、意外にもよかったわ~。
高橋恵子の役はもっと地味なおばさんだけに主人公のショックも大きい(色気でなく自分より精神的に強い絆を夫ともってたんだ、と思って)と解釈したので少々不満だが・・。
しかしなんやかや言って、NHKは面白いね。
私も亀ちゃんよりこっちを見そうだわ。
2006/10/23(Mon) 10:16 | URL | oha-ran | 【編集
いやー奥様、「14歳の母」を親子で見るなんざ肝っ玉太いんじゃありませんか? 私なんか「魂萌え!」の中で「あの日もセックスしてたんでしょ」って台詞が飛び出てきただけで、結構ドキッとしちゃうような肝っ玉の小ささですよ。そんなんだから「14歳の母」なんて見たら心臓に悪すぎて、過呼吸とかなっちゃいそうだな。

>佐々木すみ江に目が行っちゃって、ファンになっちまったもん。

奥様、ご趣味が渋すぎ。ま、私も原ひさ子とか結構好きだったけど。
2006/10/23(Mon) 10:45 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
今、チェックしてみたら仮面ライダーBLACK RXとかジャスピオンとか特捜ロボ ジャンパーソンとか色々出てたんだねぇ。バラエティ番組のトークで聞いた事はあったけど。
でもって高畑淳子のウェブページ(http://members.jcom.home.ne.jp/atsuko1011/)見てみたらタレントさんとは思えない手作り感あふれるページでこれまたビックリだよ。きっと自分でhtmlを勉強して作っているんだろうなという感じ。すごく真面目な人なんだね。ちょっとファンになっちゃったよ。
2006/10/23(Mon) 10:56 | URL | tsumire→oha-ranさん | 【編集
tsumireさんはじめまして

着せ替え人形で検索しててこちらにたどり着きました

私は30代後半で谷さんをずっと探してたのでとても嬉しいです

コメントの主旨がずれててごめんなさい
これからもいろんな話題楽しみにしてます
2006/10/23(Mon) 12:58 | URL | mimiko | 【編集
こんにちわ、はじめまして。
コメントありがとうございます。
谷ゆき子さんの特集本をつくろう作ろうと思いつつ、今年の冬もやっぱり挫折しそうな今日この頃です(とほほ……)。
でも本サイトの方の漫画史と着せ替え人形と谷ゆき子のページは今リニューアル作業中(もしかすると今年一杯かかるかも)ですので、リニューアルが済むともう少し見やすくて情報量が多いページになると思います。また見てみてくださいね。
2006/10/23(Mon) 13:05 | URL | tsumire→mimikoさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
 関口敏子(高畑淳子)は59歳、夫を突然の心臓麻痺で亡くしてしまう。あまりにも急な事に、葬儀の間も悲しさよりも信じられない思いでいっぱい。アメリカに渡っていた長男彰之(山本太郎)が8年ぶりに帰って来た。初めて会う嫁(猫背椿)と孫達。 しかし、8....
2006/10/23(Mon) 10:14:15 |  トリ猫家族