先日出た「暴れん坊本屋さん 第3巻」(久世番子、新書館、129p、672円)、書店の皆様も応援している。

 暴本3巻発売 「9面平積陳列はできないけど、"魂"で応援します!」(アキバblog))

でも2面まではなんとかクリア。この調子でいくと第10巻まで出していたら9面クリアできたかもしれないのに(え?)、今回この第3巻が最終巻なのは残念。今回も勿論天の邪鬼な秘密のお楽しみ有り。それにしても何故これでおしまいなんだろう。書店でアルバイトをしなくてもよくなった? まさかネタ切れ? それとも書店業界の黒幕に命でも狙われているのか? 書店に勤めている訳でもなんでもないけど本好きなら(でもって、主人公のあのキャラに拒絶反応がなければ)楽しめる1冊だ。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
あら、この表紙、もう三巻なの?一巻を読んだ時には、ギャグのコマの間に突然耽美系のコマが入るのが個人的につぼでございました。暴本って暴れん坊本屋さんの略だよね。わたしゃてっきり暴露本の略かと。
うちの近所のこんな田舎の数軒の本屋さんでも必ず見かけたから、もう働かなくてもいいという説はあたりかも。
業界暴露本漫画って結構おいしいジャンルかも。わたし的には化粧品の対面販売員の暴露本とか読んでみたいなぁ。(メイド喫茶のお姉さんものも興味あり)
2006/10/31(Tue) 08:13 | URL | suika | 【編集
まあ、今回もsuikaさんのツボなネタがございましてよ。でも暴露系はそうそう長くは続けてられないよね。

ところで主人公のあのキャラ、ペンギンなんだって。私はてっきりオバQかとおもっていたんだがな。
http://www.toranoana.jp/webdayo/nocomic/ncomic52.html
2006/10/31(Tue) 10:25 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック