このところTVの訃報を聞いて子どもが言う。

子ども「いつも男の人ばっかり死んでいるよ」
私「いや、ちゃんと(?)女の人も死んでるから」
子ども「女の人で死んだ人って本田美奈子だけじゃない」
くーー、アンタは知らんだろうが米原万里(ロシア語通訳・エッセイスト)や犬丸りん(漫画家)や 茨木のり子(詩人・童話作家)、吉行理恵(詩人・作家)、曽我町子(女優・声優)、東京ローズ(アナウンサー)が死んだのだって、今年だ!
私「いや、テレビでお知らせが出る有名人に男の人が多いだけだから」
子ども「そうかな。女の人のやつって出ないじゃないの」
まあ、女性のほうが平均寿命がはるかに長いし、多分自殺する中高年も圧倒的に男性が多いだろうけどな。
私「男の人も女の人もみんな必ず死んでいるから。でも今のお年寄りはね、女の人が一生懸命頑張ってお仕事しても認められなくて、有名になるのはすごく難しかった時代を生きてきた人達なの。男の人の有名人のお年寄りのほうが多いの。だから死んじゃったよってテレビでお知らせが出る有名な人は男の人が多いの!」

思わぬところでフェミ教育が。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
おお、そういうことか。納得。てか、疑問にも思って無かったよ。
テレビでの訃報の男女比率が同じになるにはあとどれくらいかかるんだろうね。
我々の頃はまだ無理だろうなぁ....

2006/11/15(Wed) 19:37 | URL | suika | 【編集
例えば日本の社長で女性がどれくらいいるかっつーと、5% だそうで、たぶんこの中には創業者の血縁で社長になった人も多いだろうから、すっげー少ないよな。確か政治家も2世3世を含めて女性は10%にも満たないんじゃなかったっけ?  芸術家とか漫画家とかスポーツ選手みたいな実力の世界だとぐっと女性の割合は多くなると思うけど、でもまだまだだよなー。
2006/11/15(Wed) 21:43 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック