土曜日は小学校の学芸会の日だったのだが、あいにくと午前9時40分から学童クラブの個人面談があったために学芸会の方は途中から見る事となった。しかし2年生の芝居は11時すぎからということなので先に学童クラブの個人面談に行って来た。

そこでわかったことは、子どもの学年(2年生)は非常に個性が強くて主張が激しい子が多いために派閥が出来ているということなのだ。うひゃー。
先生「S子ちゃん(←うちの子どもの事だ)はとてもマイペースで、色々自分なりのこだわりはあるし児童館のイベントにもかなり積極的に参加するんだけど、女の子達の派閥の隙を縫って皆と遊んでいるんですよ」
私「はい?」
先生「派閥と派閥の間を泳ぐようにというか、どの子もS子ちゃんならまあいいかという感じで××ちゃんや△△ちゃんたちともよく遊んでいるんですよね」
ちなみに××ちゃんも△△ちゃんも派閥のボスなのだ。しかし△△ちゃんは先日別の子に「S子ちゃんはブスだから遊ばないように」と指令を出していたという。この間私がうっかり子どもの前髪を切りすぎてしまったためにかなりブス呼ばわりされてしまったらしく、帰宅後、「今度前髪切る時は1cmだけにしてね!」と念押しされてしまったが、そんなことしたら切る回数が多くなって面倒くさいじゃないか。△△ちゃんはとにかく暴力と強気の発言で支配するタイプの子なのだ(見た目もちょっとジャイアン)。お母さんはあんなに穏やかで優しくていい人なのになぁ(しかも美人)。うーん、心配なんだか心配じゃないんだか。

学童の個人面談が終わると今度は小学校の学芸会。私が子どもの頃は学芸会は毎年やっていたもんだったが、子どもの小学校では、学芸会と音楽会と展覧会を3年周期で開催しているのだという。だから私も学芸会を見るのはもう、実に30年以上ぶりだ。体育館の黒い幕をくぐって中に入ると懐かしい学芸会の世界が待っていた。

いやぁ……俳優さんの演技力をバカにして「学芸会レベル」という言葉を使うことがあるが、本当に学芸会って……学芸会なんだな。小学校の近くに有名な児童劇団があるのでもう少しちゃんと芝居が出来る子とかいるんじゃないかと思ったが、そんなことは全くなかったな。あくまでも昔ながらの学芸会だった。しかし内容はどの学年も環境問題を考えるものとか、みんなの笑顔が一番大事とか、一人一人の個性を大事にしようみたいな、大事なテーマだけど芝居として見るのは面白くもなんともないテーマのものばかり。ま、子どものためだけにやるもんだったんだな、学芸会って。

しかしすっかり忘れていたのだが、私はお芝居とか舞台を見ると眠くなってしまうのだ。友人知人に誘われて結構有名な舞台を見に行ったことも何度かあるのだが、必ず寝てしまう。とにかくお芝居が体に合わない。舞台劇拒否症? なもんで今回も他の学年の芝居はことごとく眠くて眠くてたまらず、うつらうつらしながらの観劇でしたよ。子どもの学年の芝居もつまらなかったが、知っている顔が出てくるのでなんとかかろうじて起きてられたが、私としては実につらいひと時だった。

でもま、なんとなくそれなりに学芸会を満喫して帰宅し、子どもも学校から戻ってくるととんでもないことが待っていた。またもや親の感想文提出の指令が出てましたよ!(参照:9月28日「親に読書感想文なんか書かせるな。」)実は先月も「運動会を見た感想」の提出を求められたばかりだったというのに、今月もまたもや感想文提出かいっ! しかも先月は道徳の公開授業があったのだが、その時もやはり親に文章を書かせられた学年があったのだという。何故だ。何故このトシになってまで感想文を何度も書かなきゃならないんだーーーー!(絶叫)
関連記事
コメント
まぁねぇ、女が群れるところに派閥ありですからねぇ。基本的には「寄らば大樹の陰」だけど天邪鬼の血もあることだし、やはり適当に泳いどけってことか。
最近の学芸会ってみんなそうなのかな?
うちの子供の場合も、障害者の立場になって今の日本を考えるってテーマ(と思えた)や、昔の農民一揆の代表者に見る自己犠牲精神の話や力を合わせて大きな権力と戦う(ととれた)話ばっかりで、いわゆるお伽話やお笑い系のものは皆無だったな。どっかからご指導ご鞭撻でもあるのか?
でも良かったーー、さすがに親の感想文は無かったよ。時代の流れなのか、tsumireさんとこの校長が異常に親の反応を気にするタイプなのか、はたまたFBIの陰謀か、この度もまたまたご苦労様です。
2006/11/20(Mon) 14:21 | URL | suika | 【編集
>やはり適当に泳いどけってことか

うまく泳いでられるといいんだけどね。私も小学校の頃から派閥には所属しないで泳いできたクチだけどさー、子どもは私みたいに他人を気にしないで泳ぐタイプとは違うみたいだしな(かなり他の子の動向は気にしている)。

>いわゆるお伽話やお笑い系のものは皆無だったな。

観客としては、話が面白いものとかもっと起承転結があるものとか見たいんだけどね、結局あれも教育の一環だから仕方が無いのかね。

>FBIの陰謀か

内閣調査室(日本)とMI6(イギリス)とCIA(アメリカ)とKGB(ロシア)とモサド(イスラエル)の陰謀。絶対。
2006/11/20(Mon) 14:52 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
にゃるほどねぇ。
しかし「○子ちゃんはブスだから遊ばないように」って指令を出すっちゅうのも、すごいなぁ・・。いずれ「○子ちゃんは美人だから遊ばないように」って指令に変わるンだろーなぁ、正しい女道としては。

でもKさんの娘なら、人間関係でつまづいたらつまづいたで、迷わずオタク道を進めばいいわけで、オタク道ってけっこう明るいじゃん。
2006/11/20(Mon) 17:38 | URL | oha-ran | 【編集
派閥ねー。うちの子のクラスでは5,6年生のとき、いわゆる「いじめ」とか「しかと」とか色々あったみたい。(他人事?)でもS子ちゃんみたいに(?)「だれとだって遊んでいーじゃん。みんな仲良くしよーよ」ってタイプで、それでハブかれることはなかったらしい。
でも実際いじめられていた子の親は見ているだけでも悲惨だったよ。オタク道とか、自分の世界を持てるといいけど、そうでない場合、苦しいよね。高校中退して今はプーやってるんだって。
それにしても親の感想文っていやだねー。でもわたしは先生と交換ノートしましたから。
その先生は親との会話も大切だと。だから新任時代からずーっと交換ノートやってるんだって。私の書いたつたない文も今頃どこかの家庭を廻っているんだぜー!!!
2006/11/20(Mon) 17:56 | URL | いがらし | 【編集
まあ、何か打ち込めるものや夢中になれるものがこれから見つかればいいよね。おたくの道は光り輝いている……。

件の△△ちゃんに「ブスって言われた」とか「バカって言われた」「蹴飛ばされた」と子どもが言うたびに、「△△ちゃんも何か嫌な事あってむしゃくしゃしてたのかもしれないよ。自分がこういう風にされると嫌でしょ? 自分がされて嫌だと思うような事を他の人にやっちゃダメだよ」とか言っているけど、こんだけ多いとなると(しかもうちの子どもにだけでなくみんなにだ)△△ちゃん、心の病気でないならもしかすると何かのすごいストレスを抱えているのかもねぇ。
2006/11/20(Mon) 23:00 | URL | tsumire→oha-ranさん | 【編集
>でもわたしは先生と交換ノートしましたから。

ぎゃーーーー! それはもっと嫌だわ~。先生の労力も大変だとは思うけど、そりゃ拷問だよ~。しかも他の親も見るなんてーーーー。
じゃ、まだ感想文で済んでいるのは幸せってことか?
2006/11/20(Mon) 23:04 | URL | tsumire→いがらしさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック