以前、子ども(現在8歳)に携帯電話を持たせるのはまだちと早いと書いたが(3月17日「子どもの携帯電話」)、最近もうそろそろ持たせてもいいんじゃないか、と思いはじめている。というのも今週から仕事で新しい業務が増えて今までよりも格段に忙しくなる予定で、残業などで急に私の帰りが遅くなるようなことが増えそうな感じなのだ(だからもしかするとここの更新も少し減るかも)。子どもが学童クラブからさっさとまっすぐ帰ってくれれば、残業で帰宅が遅くなるというのも自宅に電話すればいいだけの話なのだが、他にも子どもがデパートのおもちゃ売り場で遊んでいる時に私の方が必要な買い物をしたい時など、子どもが電話を持っててくれたらと思う事もしばしばだ(←おいっ!)。

まあそんなこんなでそろそろかなと思っていたら、他のお母さんも同じような事を考えていたのか、最近子どもの仲良しの子が次々と携帯電話キャリアに。
「もえちゃんも持っているんだよ!」
「もえちゃんのお母さん、いつもお仕事で帰りがすごく遅いし小さな弟がいるから仕方ないよ」
「Aちゃんも持っているんだよ!」
「Aちゃんちもおかあさん、すごく忙しいから仕方ないんじゃないの」
しかもAちゃんちはこの辺の地主一族の娘だから、親も色々心配なのかもしれない。
「Kちゃんも携帯電話持っているんだよ!」
「Kちゃんちもお母さん、すごく忙しいもの」
ちなみにKちゃんのお母さんは私と同じ学年のマル高ママで、キャリアウーマンっぽい風貌のママだ。

……とどんどん外堀が埋められてゆく。そして昨日は。
「こっちゃんが携帯電話持っているんだよ!」
え!? こっちゃんが? うーん……。結構、こっちゃんは最後の砦だったんだが。そ、それはキミも携帯電話持ってないと肩身が狭いかもね。ちなみにこっちゃんママは土曜日も仕事をしている超多忙ぶりの上に、今年は上の子の中学校のPTAの役員をしていて、さらに下の子(こっちゃん)の学童クラブの父母会のイベントリーダをしていて、なおかつジャニタレのコンサートにも行っていると言う兵だ(1月10日「私は郷ひろみじゃなくてマッチだから!そこんとこ夜露死苦」)。

ということで父親が子どもに「アナタがすごく不得意な算数の文章問題のドリルを1冊全部やったらね」という条件をつけて、いよいよ携帯電話を持たせる事に。子どもは「他の子はそんなことやってないのに!」と文句をぶちぶち言ってしばらくぶんむくれて部屋にこもっていたが、さっさと出来るだけ早くドリルを終わらせろよな、でないと私も困るんだよ、と私が心の中でつぶやいていたのは秘密だ。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
時代の流れだよね。最近のは子供がどこにいるか分かる機種もあるから安心だしね。(「うちの三姉妹」みたいにランドセルごと忘れてきたら意味ないけど)
それじゃ更新が滞ってたら「tsumireさん残業頑張ってるんだなぁ」と思って、東京の空へ向かってエールを送ることにするよ。(例の番町皿屋敷のような仕事のせい?まさか仕事サボって映画見てるとか、Wii買って夢中になってるとかってことはないよね?)
2006/11/28(Tue) 08:09 | URL | suika | 【編集
皿屋敷の仕事は終わったけど、今度は別の仕事がごっそりと。

>仕事サボって映画見てるとか、Wii買って夢中になってるとかってことは

ギクッ。
だって、ほら、冬コミ落ちたしさ、色々見てない映画沢山あるし、神様がやってもいいんだよと言ってくれている(はずの)ゼルダも待ってるしー。
2006/11/28(Tue) 10:21 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック