このマンガがすごい! 2007・オンナ版面白い漫画が読みたい! でも読む時間がないっ! せめて読んだ気分になれるものを、というわけで買ったわけじゃないのだが「このマンガがすごい! 2007・オンナ版」(宝島社、790円)を買ってしまいました。中身は2006年の少女漫画ランキング、マンガ家インタビュー(「ハチミツとクローバー」の羽海野チカ、「大奥」のよしながふみ、「暴れん坊本屋さん」の久世番子、「ひまわりっ」の東村アキコ、「サプリ」のおかざき真里など)、[ランク外タイトル]サルベージ評議会、決定版!人気マンガ誌レビュー31他色々盛りだくさん。

うおーーっ、ベストテンの中に読んでない本が沢山あるーー!(当たり前だ……)。第2位の「君に届け」(椎名軽穂、別冊マーガレット連載中)なんか、作品名聞いたのも初めてだよ。しかし第1位のハチクロはなんたって今年完結したからご祝儀ランクで仕方ないとしても、「フラワー・オブ・ライフ」が第8位なのに「大奥」が第17位というのはちと不満だ。やっぱりジェンダーSF時代劇の「大奥」は客を限定しちゃうからかなあ。ほんとにすごい作品だと思うんだけどなあ。でも1位から10位までの作品って、結構誰が読んでもハズレがなさそうな感じの作品ばかりだからかなあ(とかいって第6位も第7位も読んでないし、4位、5位、6位はそれなりに読者を限定しているような気もするが)。

ところでよしながふみのインタビューだが、「(「大奥」の)コミックスの2巻からは古い順に歴代の将軍を出しているので、多分その時代ごとの将軍のエピソードを拾いながら、全部描く事になると思います。一応13人(三代将軍の徳川家光から十五代将軍の徳川慶喜まで)やろうかなと」「今のところ巻数的には8巻から10巻くらいまでを予定していて、単行本が1年に1巻のペースなので、連載もそのぐらいの年数になるのかな」って。えーーーーっ、まさに大奥大河ドラマ! もしかして最後には男性の将軍の話に収束して行くのかなあ。それとも結構江戸時代末期に黒船が来た事によって若い男性だけが罹って死んでしまうという赤面疱瘡が、結構あっけなくワクチンなんかで直ったりしてしまうとか? こんなに長い間楽しめるのは嬉しいけど、結末も早く読んでみたいよう。

今回、「このマンガがすごい! 2007・オトコ版」も合わせて買ったのだが、こっちの方のベスト50でちゃんと読んだ事があるのは第2位の「DEATH NOTE」(大場つぐみ、小畑健)と第11位の「うつうつひでお日記」(吾妻ひでお)、第14位の「働きマン」(安野モヨコ)、第15位「大きく振りかぶって」(ひぐちあさ)だけだったよ、ママン……。でも男子マンガの執筆者に女性が多いっていうのも時代なんだねぇ。

早速女子第2位の「君に届け」を買ってしまったが、他にも色々読書欲を刺激される作品紹介が盛りだくさんだ。コラムや特集も読み応えがあって、これはなかなかお買い得でした。しかし読む時間がほとんどねぇー!! サンタさん、私に時間をプレゼントして下さい!!
関連記事
テーマ:雑記
ジャンル:日記
コメント
やっぱ運命の双子か、tsumireさんとは?....てことで、マンガじゃないんだけど、今日たまたま本屋で手に取った本がこれ。(立ち読みだけど)「このライトノベルがすごい!2007 」。
いやー、ものの見事に一冊も知ってる本が無かったよ。かろうじて『彩雲国物語』は娘がアニメで見ているのをつまみ見してたので題名だけ知ってたけど。まぁ知ってる作品を見つけようとしたわけではなく、なんかおもしろそうなのないかってことで見たからそれでもいいんだけど、あんまり食指が動かなかったな。
それにしてもtsumireさん、時間がないのにこんな本買っちゃって、ダイエット中にケーキのショーケースを見てるようなものでは?
2006/12/20(Wed) 00:25 | URL | suika | 【編集
また、suikaさんが手に取ったのがラノベ版だったというあたり、ズレている運命の双子っちゅうやつかしら。ラノベは興味はあるんだけど(ほら、話題の涼宮ハルヒとか一度くらい読んでみたいし)、やっぱ時間がねーよーー。今も↑の本と一緒に、「金の言いまつがい」とダン・ブラウンの「天使と悪魔」を併読中だよ。

>ダイエット中にケーキのショーケースを見てるようなものでは?

本はケーキと違って腐らないから、なお始末が悪い。
2006/12/20(Wed) 10:20 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック