私はいつも目覚まし時計を午前6時にセットし、まどろみタイムを25分とって2度目の目覚ましは6時25分になるようにしてある。だいたいいつも2度目のアラーム音が鳴る前に起き上がって、台所の片付けをし、6時30分頃にパソコンの電源を入れ、メイルやニュースのチェックを大体7時くらいまでやっている。今朝も同様に7時までメイルやニュースを読み、その後もいつもと同じように朝飯の準備をし、大体7時25分頃いつものように朝食の席に着こうとした。その時である。子どもが問題の一言を言ったのは。

「弁当は?」
「弁当? 弁当って何よ」
「だから弁当だよ。今日は給食がないもん」
「そんな訳ないじゃん。終業式は明日でしょ。今日はまだ学校で給食があるでしょ」
「給食、ないよ」
「え??」
そんな馬鹿な。あわてて学校だよりの12月分を見てみる。終業式は12月22日で合っている、給食終了も21日でしょ……って、21日じゃありません! 何故か20日になっていますよ! オーマイガー! 私はこの後ご飯を食べて、歯磨きをしコンタクトレンズを入れ髪の毛を縛って化粧をして、テーブルの上を少し片付け、子どもの髪の毛を縛って、自分の身支度を整え、トイレに行って用を足し、午前8時には家を出て会社に向かうのである。なのに、ここに唐突に子どもが学校が終わった後に行く学童クラブで食べる弁当作りと言うアポなし作業が発生ですよ! しかもあと30分で全部!

しかし四の五の言ってられないのでとにかく弁当箱にご飯を詰め、子どもの弁当用のふりかけを出してテーブルにおいておき、朝食用に作ったアスパラとベーコンのバター炒めを弁当用にとりわけ、冷凍庫の中の冷凍食品をあさる、あーーー、いつもの定番の鳥の唐揚げがまったくない、子どものヤツ、おやつにこっそり食べちゃったなーー、昨日だったら冷凍食品が4割引だったから今日から弁当作りだと知っていれば昨日ごっそり買ったのに、仕方ないから冷凍の焼売を温めて弁当箱に詰めるが、焼売だと彩りが今ひとつなんだよな、その合間に卵を冷蔵庫から出し何を作るか一瞬考える、いつもなら卵焼きとかゆで卵のサラダとかミニオムレツとか作るのだが今日はそんな暇などない、ピーマンを輪切りにして炒めそこに溶き卵をからめて塩こしょうをしたものを弁当箱に入れる、緑と黄色の彩りがあるけどここに赤が欲しいんだよなあ、でもいつも使っている赤色ウィンナー(その名も「べんとうの赤」)もミニトマトもないし、あー、ミニオムレツにすればよかったかな、だったらケチャップで黄色の卵の上に赤の色みが出せたかも、でも仕方ない、アスパラと一緒に入っているベーコンを上の方に引き出してややピンク面を多くしてみる、もう一品何か入れたいけど材料も時間もない、もう弁当箱のおかず入れの方はいっぱいになったから終了、ここで時計を見ると7時35分ですよ。

そしてあわてて朝食を5分で食べ、自分が食べた分の食器を片付け、洗面所の一連の作業を5分で終え、子どもの髪を縛り、自分の服を着て時計を見ると7時50分、化粧をしてトイレに行って電車の中で読む本を漁って充電しておいた携帯電話とiPodを充電器から抜いて鞄に入れ家を出たら8時10分、いつもなら8時50分には会社に着いているのだが今日は10分遅れなので会社に着いたのは午前9時1分前だった。席に着いて間もなく9時に予定していた来客が来てギリギリセーフ。あーーーーー、朝から疲れた。

しかしなんだな、いつもだったら20分以上かかって作る弁当を今日はなんと5分で作ったよ。追いつめられると人間、突発的な力を発揮するものである。我ながらびっくりだ。そして机の上のカレンダーを見たら今週の土曜日、明後日は祝日だった。そうか、いつもなら終業式の前日まで給食があるのに、今回終業式の前々日で給食が終了したのは、きっと終業式の翌日が祝日だからなのかも。

さて、今日帰宅して子どもから空になった弁当箱を受け取ると、「今日、学童でお弁当持ってこなかったの、4人居たんだよ」とのことだ。多分他のお母さんも今日から給食がないとは思わなかったんだろうなあ。私だって子どもが言わなきゃ知らなかったもんな。ハナから弁当作りは終業式の日から、って決め込んでいたもの。それで「じゃあ、その4人はどうしたの?」と聞いたら学童クラブが一人につきおにぎりを2個ずつ出してくれたのだという。学童クラブの方もそれなりの用意がしてあるようだ。まあ、そんな訳で今日は「べんとうの赤」も冷凍の鳥の唐揚げ(勿論4割引ではなく定価だ)もバッチリ買って帰りましたよ。ふぅ。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
朝、告知されるお弁当ほど困ったもんはないね。でもうちなんかもう高校生だから、お金で解決する。いいかわるいかはどうでもよい。
今朝、そいつが大寝坊。学校の二次試験(面接&身体検査)なのにさー。早朝から遠くの駅まで送りに行っちゃったよ。今の子ども(ウチの子?)は親に頼りすぎてるぞ!とイカってしまいました。わたしは高校生のころそんなに親掛かりじゃなかったし、迷惑かけた覚えはないんだけどなー。そう思っているのは自分だけかしら。
(お母さんに聞けーと思った方、母は天国で見守ってくれているんです‥涙)
2006/12/22(Fri) 12:55 | URL | いがらし | 【編集
>高校生だから、お金で解決する。

高校生なら普通そうでしょ。学食で食べたり購買で買ったり近所のコンビニで買ったり。早くそうなって欲しいよ。

>そう思っているのは自分だけかしら。

どうなんだろうねぇ。私も自分が子どもの頃はもっと小さい頃から一人であちこち行ってたというと「今は時代が違うんだから」って言われちゃうんだよ。それに自分は一人で色々やっててつもりで、実際に(金は出しても)手を貸してもらってはいないんだけど、心配だけはやたらとされたから、結果的に自分の親も同じように手をかけて大変だったっていう言い分になるだろうしなあ。
2006/12/22(Fri) 13:11 | URL | tsumire→いがらしさん | 【編集
いいんだよぉ、彩りなんかどうでも。
食べられれば充分さ。わたしの作る高校生次男の弁当は冷凍食品ときのうの残り物、朝の食卓に出ているフルーツとで出来ていて、平均時間5分でだいたい作成されています。
したがってアポなし、突然のお知らせにも、お小言はばっちり言うものの、慌てず騒がずいつもの手抜き弁当を差し出すことができるのよーん。(ご飯が無い時のためにパックご飯も常備)
2006/12/22(Fri) 18:15 | URL | suika | 【編集
さすがプロフェッショナルな主婦は違うなあ。第一お子さんが三人いて、3人からいきなり「今日弁当だからよろしく」なんて言われたりしたら(さすがにsuikaさんでも3人から一気にアポなし弁当作業はないだろうけど)、私なんかもう試合放棄だね。
2006/12/24(Sun) 21:54 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック