さて先日読んだ「このマンガがすごい! 2007・オンナ版」のランキング第2位になっていた「君に届け」(椎名軽穂、マーガレットコミックス)を早速読んでみた。現在別冊マーガレットに連載中の作品だが、マーガレットコミックスなんて買ったの、20年ぶりくらいだ。少女マンガらしい少女マンガなんてここしばらく読んでなかったが、いやぁ、面白かったよ! 第1巻目を読み終わった時点では、主人公の貞子のキャラと性格がいいよなぁ、少女マンガらしい爽やか話だけど今までになかったような爽やかさだよな、面白かったけどでも年間ランキング2位にするくらいのものかなあ、程度の感想だったのだが、第2巻を読み終わったたら2位になっただけのことはあるってよくわかりましたよ。

「リング」に出てくる貞子のような雰囲気を漂わせている黒沼爽子の小学校以来のあだ名は「貞子」。今では本名を呼ばれることもなく、「霊感があって他の人が見ないものを見る」とか「3秒以上目があった人は7日後に何か不幸が起こる」と言われみんなから恐れられ、避けられている。しかしそんな彼女はその事でいじけることもなく、「本当は霊感ないんです、期待に添えなくてごめんなさい」と逆に恐縮する始末。それどころかみんなの期待に応えたいと肝試しの時にオバケ役を買って出たり、一生懸命怪談話の勉強をしたりする。みんなのために何かしたいと純粋な爽子だが何をやっても誤解され恐れられるばかり。それでも常に前向きでけなげな爽子がいじらしい。作者が「(今までの作品の)キャラクターはなんとなく自分の子供のような目線で見ているが、爽子に関しては孫な感じ」と言うのがよくわかる。本当にいじらしいいい子なのだ。

そんな爽子に少しずつ友達が出来てゆく過程が見ていて本当に嬉しくなる。あー、そうだよ、少女マンガってこうだったよなあと、久しぶりに嬉しくなっちゃったよ。特に第2巻で描かれるクラスの女子・吉田&矢野コンビと爽子とつながりがもう、美しいと言っていいくらいにいいのだ。これはなかなか感動ものですよ。これは私のような年寄りが読んでも面白いけど、出来れば現役の学生さんに読んでもらいたい作品だ。

今回は久しぶりに少女マンガらしい少女マンガを堪能いたしました。次が出るのが楽しみな作品がまた一つ出来てヒジョーに嬉しい。
関連記事
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
コメント
「少女マンガらしい少女マンガ」
創作少女マンガジャンルのアンダーグラウンドで現役活躍中のtsumireさんにとっては、はずせない選択だったってことだね。
最近読んだ少女マンガっていえば「エロイカより愛をこめて」と「のだめカンタービレ」くらいで、でもこれって少女マンガでも王道からちょいとはずれてるようなポジションだし....
「君に届け」、近いうちにブックオフでチェックしてきます。メモしとかなきゃすぐ忘れる。えーと、tsumireさんの汚れた心を洗い流してくれるかのような清々しい作品、と。
2006/12/26(Tue) 08:11 | URL | suika | 【編集
>tsumireさんの汚れた心を洗い流してくれるかのような

いやいや、こびりついたしつこい汚れはちっとやそっとでは落ちないよ~。この土日、頑張ってあちこち掃除したけど、付け焼刃の大掃除ではなかなかきれいにはならないもんよ。普段からきれいにしておくことが大事なんだね(え? 話が違う?)。
そんな訳で来年はもっともっと漫画を読もう!と思った次第です(←40代の、いい大人の抱負)。
2006/12/26(Tue) 10:24 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
だめですよ~~面白そうな文章書いちゃー。
この雨の中、本屋に寄らなきゃいけないじゃないですかー!
じゃ今から行ってきます。
2006/12/26(Tue) 17:48 | URL | P子 | 【編集
昨日の雨はすごかったね。
わたしゃ同僚に貸していた本が返って来たんだけど……鞄にいれておいたのに家に着いたら濡れてましたよ。とほほ。
2006/12/27(Wed) 06:51 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック