子ども(8歳)の小学校が冬休みに入ったので今週から子どもは毎日学童クラブに通っているのだが、その学童クラブも今日で終わりだった。私は明日も会社があるのに、お役所は仕事を終わるのが早すぎだ! というわけで子どもを1日家で留守番させるのもどうかと思い一瞬ベビーシッターを依頼しようかとも思ったが、もう小学2年生なんだし、半日くらいなら大丈夫なんじゃないかと思い子どもに聞いてみた。

「29日はお父さんもお母さんも仕事があるけど、お母さん午後は会社を休んでお昼過ぎには帰って来るようにするから、午前中だけ一人で留守番しててね?」
「えーーー、無理!」
「何言ってんのよ、お父さんはどうせ9時半くらいに家を出るだろうし、私だって昼ご飯を食べないで帰ってくれば1時過ぎには家に着いているんだから、一人でいるのなんて3時間ちょっとだけじゃん」
「お父さん、金曜日は朝早いよ」
「え? なんで?」
「大学があるでしょ」
父親は講師をしていて金曜日の朝は一番に家を出るのだ。
「もう学校冬休みだって。だからいつもと同じように9時半とか10時だから」
「えー、でも~」
「どうせ家にいたってずっとゲームやってるだけじゃん」
「そんなことないもんっ!」

まあ色々ぶちぶち文句を言っていたが、結局29日の午前中は家で一人で留守番に決定。私は1時過ぎには帰宅するのだが、お昼はお弁当の方がいいというので弁当を作っておく事にした。そんなわけで今日の夜子どもがつぶやいた一言。

「私、明日から一人で生きてゆくのね」

たかが3時間程度の留守番でご大層な事言うなーーーーっ!!
関連記事
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
コメント
さてさて娘さんは今日の午前は無事ひとりで生きていけたのでしょうか?
子供が小学校二年の頃ってひとりで留守番できたかなぁと思い出そうとしてるんだけど、よーわからん。
そういえば携帯はどうした?頻繁にメールを送ってやれば安心するかなぁとも思うけど、tsumireさんも仕事中じゃそうもいかないか。こんなことだから少子化に歯止めがかからないんだぞ!
2006/12/29(Fri) 13:53 | URL | suika | 【編集
さっき家に帰ったら、子どものやつ、朝からずっとパジャマのまま寝そべってゲームやってやがりましたよ。まったくもう。でも2年生くらいなら留守番なんか楽勝じゃないかという気もするんだけどなあ。

携帯はね、父親が冬休みのドリルを全部(120ページくらいある)やったら買ってあげるって言ったらそれっきり何も言わなくなりました。まあたまに「いいなあ」って言うんだけどそうすうと父親に「ドリル終わったらいつでも買ってあげるって言っているのに、買わせてくれないんだもんなあ」とか言われてますわ。
2006/12/29(Fri) 16:38 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック