ハケンの品格 第2回(1月17日放映)。基本的なことを言えば、ホッチキスなんかコピー機のホッチキス機能でやっちゃうだろ、普通。大企業なんだし。

正社員である東海林(大泉洋)の言う事も聞かなきゃ挨拶もしない特Aランクの派遣社員・大前春子(篠原涼子)に自分の実力を見せつけるために東海林は営業先のデパートに連れて行くが、結果的に思いっきりメンツをつぶされたあげく、東海林と春子のホッチキス勝負が始まる。一方ダメ派遣の美雪(加藤あい)はプロフェッショナルな別の派遣社員が入って来た事により危機感をいだいたあげく、派遣会社のマネージャーの一ツ木(安田顕)のアドバイスで癒し系をめざしたつもりが正社員のパシリになってしまい、他の派遣社員からも正社員の女子からも反感を買う。

派遣と正社員を対立させるために極端に描き過ぎですよ。そりゃ、こんだけどこの会社でも社内の派遣社員が占める割合が増えてくると、派遣さんは派遣さんで、正社員は正社員である程度固まりはするけど、でも同じ仕事をする以上敵対なんかしてられるはずもない。しかも会社は派遣社員を効率的に使って行きたいし、派遣社員にとっても派遣先の会社は大事な仕事先だから波風なんかたてないし、派遣期間が短くて派遣先がコロコロ変わるような派遣社員はどこに行ったって評価も低いしね。

登場人物にしても特に洋ちゃん演じる東海林ってキャラがまた、ドラマであるにせよやはり何事にも極端で大げさ過ぎですっかり浮いていて見ているのがつらいわ。それに対して役柄上のキャラとはいえ今回は小泉孝太郎(里中役)が好感度アップ、また、派遣会社サイドの一ツ木がこれまた異常に腰が低すぎなのが笑える。このドラマはこういうマンガ化したキャラを楽しむドラマであって、真剣に「大げさであり得なさすぎる」なんて思ってみちゃいけないドラマなんだろうけど。

そして、人間的にちょっと問題ありとは思うものの、強烈なキャラの大前春子からも目が離せない。でも「派遣として生きてゆくために、メンツやプライドを重んじる正社員とうまく共存していかねばなりません」っつーなら、先週のあの態度はなんなんですか!? もしかして脚本家が先週と今週は違う人なのかと思ったけどそうでもないみたいだし。そこらへんの描き方が今後も不安だが、やっぱり春子の密かな活躍を期待して来週も見ると思う(時間があれば)。そこらへんの密かな快刀乱麻ぶりがこのドラマの楽しみかもしれない。多分、あんたたち仕事は!?な他の連中も、「王様のレストラン」(1995年、フジテレビ)みたいにもしかするとこれからどんどん変わって行くのかもしれないし。

でも次週予告の篠原と洋ちゃんのあのキスシーンは何だ!?
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
例によってラジオドラマ(音声だけ)として見てましたが、ホッチキス勝負て....
よくあれで、周囲の人間も熱くなれたね。
あれは勝負種目というよりも宴会芸では?
それにしても今時のコピー機ってホッチキスも打ってくれるの?あぁ、もうわたし、戦前からタイムワープしてきた気分だよ。

>次週予告の篠原と洋ちゃんのあのキスシーンは何だ!?
洋ちゃん、親戚のおばちゃんが心配してるぞ。


2007/01/19(Fri) 08:14 | URL | suika | 【編集
>今時のコピー機ってホッチキスも打ってくれるの

今は結構安くて簡単な機種でも最低ホッチキスとか穴あけ機能はついているし、そこそこの機種でもページ連写とかブック作成機能とかいろいろあるよ~。

>洋ちゃん、親戚のおばちゃんが心配してるぞ。

おばちゃんはまだあなた方のおつきあいを認めてないですよ!
2007/01/19(Fri) 09:19 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
プライドより大切なモノ。 それは「派遣として生きていくこと」=「社員との共存」であると。ならば、初対面からそういう対応をすればいいのに(笑)。
2007/01/19(Fri) 09:45:37 |  伊達でございます!
 今回は「ハケンのプライド」っつーか「人間のプライド」のお話? 派遣の春子(篠原涼子)と自分との差をはっきり知らせようと営業先のプランタンデパートに連れて行った東海林(大泉洋)。でも、プランタンの店長は春子を見た途端、目を輝かし感謝感激の態度で....
2007/01/19(Fri) 19:16:05 |  トリ猫家族