忘備録:2月発売のコミック新刊ラインアップ

7日 ひがわり娘 5[小坂俊史]
13日 のだめカンタービレ 17[二ノ宮知子]
24日 BEAST of EAST 3[山田章博]
28日 秘密 -トップ・シークレット- 3[清水玲子]
28日 さらい屋五葉 2[オノナツメ]
下旬 マダムとお遊戯 1[松苗あけみ]

2月の目玉は「秘密3」かな。バラバラ殺人が多すぎだけど。そういえば三浦しをんのblogを読んでいたら、今月始めに起こった2件のバラバラ事件のうちどっちが好きかと友達と話したと書いていたのだが、……どっちが好きかッつーレベルじゃないよなあ、あの事件。だって片方はある程度理解できないでもない種類の通常のバラバラだけど(!?)、もう片方は明らかに精神状態が異次元に行っちゃっているじゃないの? 何かの拍子に(あってはならないことだけど)殺してしまうまでは誰にだって起こりかねない事だけど、その後の対応というか処理が、もう片方はきれいに20片以上にも切断したり、一部をえぐったり(←週刊誌情報)、はたまた一部を抱いて寝ていた(←週刊誌情報)とかって、もう違うだろー。

「マダムとお遊戯」はマンガ・エロティクスF(太田出版)に連載中の作品。チラッとしか見たことがないのだが、なんというか、華やかなバカバカしさに期待。

1月のチャレンジ本のうち「舞姫」(1月5日「「舞姫(テレプシコーラ) 」山岸涼子」)と「夏目友人帳」(1月3日「「夏目友人帳」緑川ゆき」)はクリア。「舞姫」も面白かったけどその後に妹から「アラベスク」を借りて読んだら、もう「舞姫」の百万倍面白かったね! やっぱ「アラベスク」いいよ。キャラクタとストーリーの強引さにクラクラしちゃう。そんな訳で同僚M様に「正月休みに「舞姫」と「アラベスク」を読んだけど、やっぱ「アラベスク」の方が格段に面白かったわ」と言ったところ、「そんなの当たり前じゃないですか。「アラベスク」は少女漫画史上に燦然と輝く名作ですよ!」といわれたのだった。ごもっとも。

2006年9月のチャレンジ本の「団地ともお」(小田扉)は正月帰省時に妹に借りて2巻まで読んだが、面白いっちゃあ面白いんだけど、なんだかぬるかったわ~。2月こそは、「デトロイト・メタル・シティ」(若杉公徳、「このマンガがすごいオトコ版」第1位)か「鈴木先生」(武富健治、「このマンガがすごいオトコ版」第4位)か「王様の仕立て屋」(大河原遁)にチャレンジする予定。
関連記事
テーマ:日記ですが何か?
ジャンル:日記
コメント
このラインナップの中で唯一知ってる「のだめ」がやっぱり気になるかな。
「百鬼夜行抄」最新刊、一通り読んだけど、やっぱいっぺん読んだだけじゃよくわかんないわ~。ぼけてきてるんかなぁ....
tsumireさん、もう読んだ?
2007/01/31(Wed) 22:28 | URL | suika | 【編集
「テレプシコーラ」10巻まで私も読んだよ。相変わらずシビアだね、山岸凉子は。
「アラベスク」 Kさんがそこまで絶賛するとは、ン十年ぶりに読みたくなったなぁ。私的にはババハマリ(「日出処の天子」)と思い出したくもない作品(ホラー系)の両極端に評価の別れる山岸凉子だが、うかつにも「アラベスク」の事を忘れておったよ。早速読まねば!

「百鬼夜行抄」我が家はまだ7巻目だが、家族全員ではまっとります。
普段マンガは読まないが、なぜか水木しげるだけは大好きな夫も熱心に読んでるけど、7巻目にして、一回読んだだけじゃ訳分らん・・と言ってるが、そうか~ますますややこしい話になるのね。
2007/01/31(Wed) 22:59 | URL | oha- | 【編集
>tsumireさん、もう読んだ?

実はまだ買ってない……。やっぱり最近の今市子、わかりづらいよ~。百鬼夜行抄なんかはキャラが立っている分まだましだけどさ。あ、そうそう、今度の土曜日から始まるテレビドラマの方の情報はここ。
http://www.ntv.co.jp/oni/
でも「日本テレビ(関東エリア)・静岡第一テレビ(静岡エリア)のみの放送となります。」だって。
2007/02/01(Thu) 06:40 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>Kさんがそこまで絶賛するとは、

う。もしかしてトシとったせいで単純な話の方がよくなってきているのかもよ。でもキャラクタが「アラベスク」の方が魅力的だったし話も有無を言わせぬ調子で進むのがまたよかったわ。

百鬼夜行抄、さっさと買っておかないとそのうち買ったんだか買ってないんだか忘れるからやっぱり買っておこう。
2007/02/01(Thu) 06:44 | URL | tsumire→ohaさん | 【編集
百鬼夜行抄、もう買うのやめちゃいました。何だか話が、難しくなりすぎて・・・。TVドラマ情報ありがとう。早速、予約せねば・・。

今頃、会社の人からPLUTOを借りました。ランチタイムに読んで返却する予定。

「秘密3」もバラバラ遺体の話でしたっけ。どっちが好きっていうよりも、目の前に遺体があったら邪魔だから捨てやすい様、または調理しやすい様、バラバラにするでしょうね。それを残酷とか言われても殺した時点で残酷していると思うのですが・・・。

「デトロイト・メタル・シティ」は1巻の方がお奨めです。
2007/02/01(Thu) 12:02 | URL | P子 | 【編集
>「秘密3」もバラバラ遺体の話でしたっけ

多分この間までメロディに載っていた話が収録されるんだとすると、バラバラがメインじゃないのかも。でも結果的に切断された部位から情報が分かるというのはいつもと同じ……。

>殺した時点で残酷していると思うのですが・・・。

まあ、感じ方の問題でもあるけど、殺すこととその後の処理(対応)はまた別だと思うですね、私は。殺してしまうこと自体は誰にでも可能性はあることだし。そして目の前に遺体があったら、自分が殺したのであっても、私なら面倒くさいからさっさと自首しちゃうだろうし(だってバラバラにするのって大変よ、本当)。
それにその後の遺体を物体として扱うかそれとも亡骸としてあつかうか、さらに物体として扱うにしても切断して廃棄と、損傷して切断して廃棄じゃまた別もんだと思うしな。
2007/02/01(Thu) 13:33 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック