風林火山 第5回(2月4日放映)~第9回(3月4日放映)。昨日は録画しておいたもののなかなか見る暇がなくて見られなかった分を一気見、その後録画しておいて全然見る暇がなかった「花より男子2」の第2回~第3回を見て「やっぱり少女漫画はこうでないと!」としみじみ堪能した後、8時からリアルタイムで「風林火山」第9回と「華麗なる一族」第8回を見るという、胸焼けな一日だった。でもまだ「花より男子2」の第4回~第9回が残っているよ、ママン……。

「風林火山」の方は第5回目辺りは人間関係がややこしくてなかなか把握できなかったのだが、武田信虎(仲代達矢)に復讐するために山本勘助(内野聖陽)が出会う人々がこれがなかなか魅力的で、また勘助が軍師としての才を見せる場面や、武田晴信(市川亀治郎)の戦の采配ぶりを見せる場面などが出てくると、さすが天下のNHKっつーか、1年間ビッチリ同じドラマを放映しつづけるだけあるというか、ドラマの大河ぶりを堪能できました。ま、続けて5回分も見たからというのはあるが。

しかし、日曜の夜8時のこの「風林火山」が武田晴信(信玄)と信虎の父子の葛藤もので、そのすぐ後の「華麗なる一族」がこれまた親子の葛藤もので、どちらもずっしりと重くて見応えのあるドラマなのはいいけど、見終わったらすっかり気力を消耗しちゃってるよ。まあ、「華麗なる一族」は今月いっぱいだし、武田信玄は来週クーデターを起こすみたいだが。

さて私は大学入試は日本史を選択したのだが、それというのも戦国武将の真田幸村(信繁)が好きだったからなのだが、この「風林火山」の第7回では真田幸村のじーちゃんにあたる真田幸隆(佐々木蔵之介)が登場、変わり者で知られた真田幸隆を佐々木蔵之介が飄々と演じているのがナイス。第8回前半では武田が攻める平賀源心の海ノ口城で勘助が色々策を講じて城を守り、後半はうつけと言われていた晴信(信玄)が平賀軍を油断させてついに城を落とすまでという時代劇ならではの大風呂敷な展開が面白かった。

第9回は勘助が落城した城で晴信(信玄)に首を切られかけたものの、晴信は刀を寸止めし皆の前で「(勘助を)打ち取ったり」と宣言し勘助を解放するが、勘助の方は復讐をしようとずっと思ってきた武田にこのような仕打ちをされたことで生きる屍のような状態となって放浪し、一方晴信(信玄)の方は親子の溝をさらに深くしていく。

いやあ、こんだけ真剣に大河ドラマ見たのは本当に久しぶりだ。やっぱり時代劇は面白いよ。「風林火山」、とりあえず来週は一気見せずにすむし。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
今年の大河ドラマは、本当にできがいいね。45分あっという間だもん。
2007/03/05(Mon) 14:26 | URL | P子 | 【編集
私も「風林火山」と「華麗なる~」を毎週録画し、翌月曜(仕事休み)にまとめて見るのが習慣になってるんだけど、どちらも父子の葛藤ものなのよね~。
それにしても信虎パパ、恐いわ~。こんな無気味な仲代達也、初めて見るよ。

Kさんが真田幸村好きとは、っていうか戦国武将に興味あるとは、知らなかったが、なんか納得!
もしかして大学時代、一般教養で「日本思想」取ってなかった?戦国武将の思想観とかだったと思うけど、先生がしぶくていかしたオヤジだったなぁ~(遠い目)
2007/03/05(Mon) 21:21 | URL | oha~ | 【編集
よくよく考えればすっごく展開が早いから、現代劇にしたらジェットコースタードラマと言われてもおかしくないくらいだけどね。思っていたよりもずっと内野聖陽もいいけど、でもまだ他のキャラの方が(武田親子とか「エラいところに嫁いでしまった!」のダメ夫とは真逆のタニショーとか)強すぎるかもね。
2007/03/06(Tue) 06:51 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
>Kさんが真田幸村好きとは、っていうか戦国武将に興味あるとは、知らなかったが

えー、あんだけうちに遊びにきて漫画本読んでたのに、本棚に辻村ジュサブローの「真田十勇士」の写真集や司馬遼太郎や柴田錬三郎とか海音寺潮五郎とかの一連の文庫本が沢山並んでいたのに気づいてなかったんかい。

>一般教養で「日本思想」取ってなかった?

日本思想だったっけ? 確か小池先生という渋くてかっこいい先生がいたよね。確かohaさんとは小池先生との話題で盛り上がった記憶があるよ。
2007/03/06(Tue) 06:57 | URL | tsumire→ohaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック